藤山家においでよ

藤山家ってこんなとこです。

笑えたら、成功だよね。~亮一語録より~

 

今日は亮一さんのことを書こう。

私の最愛の人のことを書こうじゃないか。

 

 

先日いらしてくれたYUKOさんがこんなことを言っていました。

 

「亮一さんの言葉はいつも私の想像をグッと飛び越えてくるんですよね。笑」

 

↑この言葉、亮一さんのことをすんごくわかりやすく表現しております。

私もいつもそう思うもん。

 

↓YUKOさんのブログね。

ameblo.jp

 

 

亮一さんは3年前にお仕事を辞めました。

15年以上続けていた整体師&整体のお店の店長を辞める!と決心してほんとに辞めてしまいました。ウケる!!

 

そして3年弱、プラプラと散歩をしたり、カレーを作ったり、本を読んだり、お話し会をしてみたり、食べ歩きをしてみたり、1か月間のアジア放浪旅をしたりしてました。

 

その3年弱の間、亮一さんの内部ではかなりの葛藤があったようです。

一見すると『ただプラプラしているだけ』に見えるのですが、亮一さんの内部では大きな大きな葛藤と変化と観念の再教育がなされていたのです。

 

とある日、亮一さんはこんなことを言いました。

 

「意地でも働いてやるもんか!!って思うんだ。」

 

私はその言葉を聞いて大笑いをした。

 

ぶはははは!

意地でも働いてやるもんか!!ってすごいねー(*'▽')なかなか言えないよー!ってね。

 

亮一さんは仕事を自ら辞めたことで、何もしていない自分に対してあらゆる感情が湧くことを見逃しませんでした。

 

無為な時間への恐怖、仕事をしていない自分への不安、何もしていない自分に感じる無価値感…

 

40代半ばのいわば働き盛りの男性が毎日仕事もせずプラプラとしている。

自ら選んだ自分の選択に後悔の念が湧くこともしばしば。

 

俺…一体なにやってるんだろう…

 

散歩の名人の亮一さんはよく散歩の最中にこんな思いにさらされていたそうです。

(亮一さんは散歩がとっても上手です。笑)

 

でも私たち夫婦はこんなことをよく話していたものですから、亮一さんはその不安や無価値感や恐怖に飛び込んで行ったのです。

 

↓こんなことってこれね。

「不安や恐怖にかられて動くのはやめようね。」

 

不安はどこからやってくるのだろう?

恐怖が湧くってなんだろう?

そしてその不安や恐怖はほんとのことなんだろうか?

 

不安や恐怖を書き消そうとして動くのはやめよう。

どうせ動くなら、“それ”をじっくり見てから、GOサインが出てから動こう。

 

そんなことを日々話していた私たち。

亮一さんは見事にそれ通りに毎日を過ごしました。

だから「意地でも働いてやるもんか!!」という言葉が出てきたんだね。

 

亮一さんは毎日「今日も死ねますように!」と手を合わせて拝んでおりました。(←ヤバいね笑)

この「今日も死ねますように」とは、「今日も新しい俺が生まれました」っていう意味も含まれているんだけどさ。

 

恐怖や不安や無価値感とは。

その実態はなんだろう。

そしてそこに飛び込んだらどんな景色が見えるんだろう。

はたして俺はほんとに無価値なんだろうか。

『生きる』ってなんだろう。

『死を受け入れる続ける』とどうなるんだろう。

 

そんなことを思っていた(ような)亮一さん。

 

 

 

そんな亮一さんが数か月前、流れに逆らわずに動き始めました。

 

今亮一さんはこんなことをやっております。

 

じゃん!!!

 

f:id:yukiukix:20181218184032j:plain

 

なんと!!

にわーーし!!(庭師)

 

f:id:yukiukix:20181218184126j:plain

 

きゃーー!!

かっこいいーー!!!濡れるーーー!!!(←嫁バカだしシモだし。笑)

 

ほんの少し前は整体師で店長だった亮一さんが今は庭師って面白くないですか?( *´艸`)

しかも「庭師になろう!」なんて微塵も思ってなかったんですよ。

(今も庭師になろう!なんて思ってないのが笑える。)

 

「お、なんか流れが来た!って思ったから動いたんだ。」

 

そう亮一さんはおっしゃっておりました。

 

それは不安からでも恐怖からでもない。

「お?きたか?」と感じたから乗っかった。

ただそれだけ。

 

こーゆーの好き。

 

庭師のお仕事を割と楽しんでやっている亮一さんと、よくこんな話しをする。

 

「何をやったっていいんだよね。たとえばお金が全然なくなってしまったって、たとえば4畳半一間の生活になってしまったって、そこでわはははーって笑えればそれは成功だよね。」

 

 

笑えたら、成功。

 

一緒に笑えたら、最高。

 

失敗した!って思っても「わはははー!」って笑えればそれはもう成功だと思うんだ。

 

これからどうなっていくかなんて誰にもわからない。

予想を立てたってその通りにいくかなんて誰もわからない。

 

だったら「やってみたい!」って思ったことを自分にやらせてあげたいよね。

それで「あちゃー」な結果だったら笑っちゃえ。

 

「あっははははは!やっちまったーーー!!ウケるーー!!」

 

 

私たちは毎日成功している。

毎日「わははははー!」って笑ってるから。

 

どんな場面でも笑えるかな。

亮一さんとそらさんとそんな実験の毎日です。

 

 

 

そんな亮一さん。

日々私を驚かせてくれます。

 

私はすぐに頑張り過ぎてしまって、何かをやり始めるとバタンと倒れこむまでやってしまう性質です。

集中し過ぎて、気付いたら夜になってたってことがよくあります。

それは昔も今もあまり変わっていません。

(以前よりはかーなーり良くなったんだけどね。)

 

私は「休む」ことがへたっぴなんだけど、そんな私にいつも亮一さんは「休みなさい!!ぜったいお仕事やっちゃだめ!!」と言い聞かせてくれます。

 

先日私が「もー明日はなーんにもやらない日にする!休む!」と宣言した時、亮一さんは私を「えらい!!」と褒めた後、こんなことを言いました。

(「休む!」って言って「えらい!!」って言ってくれるのもなかなかすごいことだと思うけどね。)

 

 

「ゆっきぃ!休みは攻めだよ!!休みは攻め!!」

 

 

や…休みは攻め?

と言いますと…?

 

 

「疲れてから休むなんて遅いよ!!疲れる前に休むんだよ!!休みは攻め!!」

 

 

ぶっはははははは!

 

休む達人の亮一さんのありがたいお言葉です。

 

 

 

 

今日の亮一語録

  『休みは攻め!』

   『笑えたら、成功』

   『意地でも働いてやるもんか!!』

 

 

ちょっとでも気持ちが楽になれば幸いです笑

亮一語録、また書くね。

ほんと最高なんだから。

 

 

ではまた。