藤山家においでよ

藤山家ってこんなとこです。

最高の誕生日。

朝起きると、先に起きていた亮一さんの後ろ姿がキッチンから見える。

食洗器に入っている食器を片づけてくれている。

 

「りょーちゃんおはよう~」

 

キッチンに行って朝の挨拶をする。

 

「あ!ゆっきぃおはよう。」

 

亮一さんがこちらを振り返る。

私はすかさずチューをする。

(毎朝必ずする!嫌がられてもする!笑)

 

「ゆっきぃ、お誕生日おめでとう!愛してる!」

 

うむ。

昨日「ちゃんと愛してるって言わないとダメなんだよ!」と言っておいた甲斐があった。

ちゃんと私に言われたとうりに言ってくれた。

 

「ありがとう♡すんごく嬉しい!」

 

シャワーを浴びてお部屋に戻る。

 

床にペタンと座る。

 

と、二匹のかわいこちゃんたちがワラワラと私の周りに近づいてくる。

f:id:yukiukix:20170812155554j:plain

この子たち。

7月の頭くらいから家族が増えた。

 

ゴロゴロと喉を鳴らしながら膝の上に乗っかってくる。

手にスリスリとすり寄ってくる。

私の周りから離れない。

 

なんと可愛いんだ!と悶絶していると、

今度は大きなかわいこちゃんが私の横にペタッとくっつきにくる。

f:id:yukiukix:20170812160026j:plain

このあまりにもキキのコスプレが似合いすぎるこやつだ。

 

「なんでこんなにママにくっつくのぉ~?」

笑いながら聞くと、こやつはこう答えた。

 

「だってー、ママのことが好きすぎるからくっつきたくなるんだもーん!」

 

…うむ。降参だ。

 

朝起きると最愛の人から『愛してる』と言われ(ほんとは言わせた笑)、

床にペタンと座るとかわいこちゃんたちがワラワラ寄ってきてくれて、

最愛の娘に『大好きでくっつきたくなる』と言われる。

 

すごい誕生日だ。

 

まだまだすごいことは続く。

 

お昼?朝ごはん?に亮一さんがナポリタンを作ってくれて

その後一時間以上整体の施術をしてくれた。

 

亮一さんがそらさんをスイミングに連れて行ってくれて、

私はブログを書いている。(←今ここ)

 

先ほど私はケーキのスポンジ生地を焼いていた。

明日菊名にある『ごちゃまぜの家』に持っていくためだ。

 

自分のお誕生日に明日もっていくためのケーキのスポンジ生地をせっせと作る。

 

なんだかよくわからないけどすごくいい感じだ。

 

これから亮一さんとそら先生が帰ってきたらスーパー銭湯にみんなで行く。

 

夜ごはんのことは何も決めていない。

 

最高な日だ。

こんなに幸せな誕生日は初めてだ。

 

亮一さんとそら先生が帰ってきたらもう一度ちゃんと言おう。

 

「ありがとう」って。

 

みなさんにも。

 

読んでくれてありがとう。

 

 

私が“ゆるむ”とどうなるか。

自叙伝の続きが書けたことを一人ひっそりと喜んでいる。

 

私、続きなんて書けるのかなー。なんて思いながらキーボードを叩きはじめた。

ら。

 

やっぱり面白い!書くの面白い!って感じられて嬉しかったのです。

あーよかった。

 

 

気付いたら旅のことを全然書いていない。

ブログがストップしたことについても書いていない。

 

旅ってこれね。↓

高知県までの道のりで誰に会えるかな?誰にも会えないかな?それも面白いんじゃないかなぁツアー開催のお知らせ - 藤山家においでよ

 

この旅の初日に記事をアップしたあと、パッタリとブログが止まる。

 

そりゃ『どーした?!』ってなるよね。

 

 

旅については…えーと…

 

結論としては最高でした!!

 

最高に面白い旅でした。

 

お会いした方たちも素敵な方ばかりだったし、行った土地もほんとに良かった。

みなさんほんとに親切で優しくて…

 

亮一さんもそら先生も最高でした。(すばらしいパフォーマンスでした!)

 

ま、旅のことはまた細かく書きたくなるだろうからぼちぼち。

 

旅の途中?始まる前?からなんだかすこーし自分の様子がおかしいことに気付いていた

ワタクシ。

『なぁーんかちょっと調子がおかしいんだよねぇ。』と亮一さんにはポツポツと呟いておりました。

 

どんな感じかというと

・寝起きがすこぶる悪い。

・ずーっと頭が冴えない。

・えいっ!」と気合いを入れなきゃ動けない。

・一日のうち何回か視点が合わなくなる。

・気を抜くと身体の力がどんどん抜けていく。

まぁそんな感じ。

 

こんな感じの状態が旅行中にもあったのですが、そこは旅のパワー&旅のテンションでごまかせていました。

 

でーすーがー

 

帰ってきたらもー大変。

 

まっっったく身体が動かなくなったんです。

これほんと。

 

ブログどころかほぼ全てがストップ。

 

家事もそら先生のお世話も亮一さんのお世話?も

ほんっとに「はぁ…はぁ…」「ぜぇ…ぜぇ…」と息を切らせながらやる感じ。

 

ブログも書きたいのに書けない。

家事もやらなきゃなのに(ほんとはやらなくてもいい)できない。

そら先生のお世話もちゃんとしたいのに(ちゃんとってなんだよ)できない。

亮一さんのお世話?もしたいのに(しないと嫌われちゃうって思ってる)できない。

 

これが日に日に重く強くなっていったんです。

 

亮一さんに泣きながら言いました。

 

「なんにも出来ないぃ~!動けないんだよぉ~!何にもしない私だと嫌いになるでしょー?!うわーん!!」

 

ほー…

私の“これ”はほんとに根深いんだな…

このやりとり、何回やってんだよ。私。

 

「ゆっきぃ、あのさ、○○が原因でそういう状態になってるんじゃなのかな?」

 

亮一さんは「嫌いになんかならないよ」という私が期待していた優しい言葉は一切言ってくれず笑、そう言いました。

 

「あーー!!○○!!んー…そう…かなぁ…」

 

私は最初『○○でこんな風になるかなぁ…』と亮一さんの意見を受け入れませんでした。

 

でもね、よーく感じてみて、もう一度○○について書いてある本を読み返してみたんです。

 

そーしたら!!

症状どんぴしゃ!!

真面目かっ?!っていうくらいその本にかいてあるとーりの症状でした。

 

その○○とは…

 

Amazon CAPTCHA

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%86%E3%82%8B%E3%82%93%E3%81%A0%E4%BA%BA%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%86%E3%81%BE%E3%81%8F%E3%81%84%E3%81%8F%E3%80%82-%E6%84%8F%E8%AD%98%E5%85%A8%E9%96%8B%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87-%E3%81%B2%E3%81%99%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%9F%E3%82%8D%E3%81%86/dp/4864713162

 

こちらです。

 

見れました?

 

『ゆるんだひとからうまくいく』

 

このCDを旅行前から聞き始めていたのです。

もっと詳しく言うと、この本を読んで『これだっ!』と思った亮一さんは植原先生の

この『ルン・ル』を直接受けに行っていたのです。

 

家庭に一人でも直接『ルン・ル』を受けている人がいると効果はものすごいことになるそうなんです。

 

旅行前からちょくちょくこのCDを聞きはじめ、帰ってきてから全く身体が動かなくなり、身体が動かないから何にもできなくなり、何にもできないからこのCDを聞くぐらいしかできない、だから何度も聞く、そしてまたさらに身体が動かなくなる…のループに入っていった。って感じ?

身体が動かなくなった原因がこれだとは気づいてないですから。

 

 このCDを聞いているとまず泣けるんです。

何故かおいおいと涙がでてくる。

もう止まらないぐらい。

 

もう悲しくて悲しくて仕方がない。

 

そしてその後もんのすごい怒りが湧いてくる。

もう心の奥底からどんどん湧いてくる。

 

過去の思い出がドワーッと思い出される。

 

悲しみとともにドワーッと思い出される過去の思い出の中に

天さんの思い出が出てきたんです。

普段?ていうかずーっと天さんとの思い出に“悲しみ”なんて皆無だったから

おかしいなーって思ってたんだ。

で、次にきたのがもんのすごい怒りだったからよーく見てみたら…

 

私がこの時感じた悲しみと怒りを表す言葉はこれでした。

 

『なんで私ばっかりこんな目にあわなきゃいけないの!!!』

 

気付いたら「なんで私ばっかり!」「なんで私ばっかり…」て声に出して泣いてたりしてました。

 

もう自分でびっくり。

 

うわぁ…

私ってそんなこと感じてたんだぁ…って。

 

次に来たのが父親のこと。

 

『おっまえはほんっとにだらしがないなっ!!』

と過去の思い出の中で何度も何度も言う父親

 

胸がきゅっと縮んで苦しくなる。

悲しくて悲しくてまた涙が出る。

そしてまたそのあとにもんのすごい怒り。

 

『だらしがない私だっていいじゃん!!お父さんだってだらしないじゃん!!

だらしない私だって愛してよ!!わかってよ!!』

 

 これまたびっくり。

 

私の父親は絶対に『だらしがない私』のことも愛してくれているのを知っているのに。

『だらしがない私』に✖をつけていたのは紛れもない“私自身”だった。

 

 

“悲しみ”ともんのすごい“怒り”。

 

これはセットだ。

 

これを植原先生とひすいこたろうさんはこの本でこう言っている。

 

ひすい ゆるむために、呼吸と、あとは何かありますか?

    例えば、笑うといいとか?

植原  一番いいのは「怒り」です。

ひすい え?!「怒り」ですか?

植原  「怒りは悪」。それが一般的な見解ですよね。でも、私は「許せ」なんて大嫌い。(笑)許すなんて、何それ。許すというのは神しかできません。人間ができるわざじゃない。でも人気があって不思議だなと思います。

「怒りはダメだ」という人は、怒りの持って生き方をなんで伝えてあげないんだろうかと思います。怒りの発散の仕方を教えてくれない。怒りを抑えている力がゆるめば、自然に湧きあがってくるんだから、それに任せておけばいいんです。

ひすい 怒りでどう解放を起こすか、もうちょっと具体的に教えていただけませんか?

植原 怒りをいかに燃え上がらせるか。不動明王をみてごらんなさい。全身で怒っていますね。人間もああなればいいんですよ。

ひすい 全身で怒ったときに、その後解放がくるんですか?

植原 解放感はないです。絶望感というか、本当に悲しくなりますね。「こんなわたしなんかが生きていていいの?」とか、「なんの価値もないよ」となります。

でも、その後、なんかしらないけど気分がフッと変わるんですよ。そしてアレッと自然に笑いだしちゃうんです。そうすると、なんであんなに怒ってたんだろう。なんで悲しんでいたんだろう、とバカらしくなります。

ひすい 怒ったときは、余分な力を解き放つ絶好のチャンスなんですね。

植原 そうですよ。

 

 余分な力を解き放つと、その人本来の潜在能力が開花する。

 

この本にそう書いてある。

 

今回わたしは、悲しみともんのすごい怒りとともに、体がゆるゆるになってしまった。

全身の関節がゆるゆるにゆるんでしまって、ほんとに起き上がることも困難になってしまったのだ。

 私がどれだけ余分な力を入れて生きているのか?生きてきたのか?を証明したようなもんだ。

 

この“ゆるゆるになってしまって動けない”状態と“泣けて泣けて仕方ない”状態と“人生にはなんの意味も価値もない”という逃げ場のないものすごい虚しさの状態がかなり続いたので、こりゃ永遠にこのままなのだろうか?と思っていた。

 

が、そうでもなかった。

 

もーこういう状態になっちゃんたんだからしょうがない!亮一さんにも気持ちを素直に伝えつつ(役立たずの私だと嫌われちゃうと思っていて怖いんだー!!とかね。)、

開き直ってただただゴロゴロだらだらしていたら…

 

あれ?

私ってこうやって何にもしてない自分を心から許したのって初めてじゃない?

あれ?

何にもしてなくても生活できてる?

あれ?

亮一さんは私を嫌わないぞ?

あれ?

そら先生も相変わらず『ママ大好きー!』とおっしゃってるぞ?

あれ?あれ?あれ?

 

もしかして…

 

私ってもんのすごい存在なんじゃねーの?

 

ありゃーー!!

 

と気付いちゃったのです。

 

私って実はいるだけですごいんじゃね?ってことに気付くと、

私以外のみーんなもいるだけですごいんだってことに気付く。

 

自己否定をしている人や言い訳している人に出会うと『てめーふざけんなよー!お前はそんなもんじゃねーだろ?!いい加減起きろよー』ってなる。

 

ゆるゆるでどろどろでゴロゴロでめそめそでぐちゃぐちゃで…だった2か月?程?はもんのすごく辛くって、逃げ出したくても逃げられなくて、ほんとに皮をめりめりと剥がされるように辛かった。のですよ。

 

でもさ。

 

これがまたよかったのよ。

 

悲しみも悲しみ尽くしたし、怒りも怒り尽くしたし、ぐちゃぐちゃもぐちゃぐちゃ尽くした。

 

ら、

 

ただ居るだけ。になった。

 

私が“ゆるむ”とどうなるか?

      ↓

      

ただ“在る”ことがすごい!になった。

 

 

もしよかったらこの本を読んで、CDで植原先生の声?響き?を聞いて

ゆるんでみてください。

 

すごいよ。

 

 

Amazon CAPTCHA

ちなみに私がずっと聞いていたのはこちらのお高い方のCDブックでございます。

 

そしてまたちなみに。

この本を紹介してくれた私の友人のブログもとても素敵です。

日月日誌 hitsuki nisshi

この人の文章はとても美しい。

もがきっぷりも美しい。笑

そして本人もとても美しいです。

よかったらどうぞ。

私のコト 77

ひっさしぶりの自叙伝つづきです!!

 

みなさん覚えてます?

 

私はー…

 

もうすっかり忘れてましたー笑

 

なので何度も読み返してましたよ。

 

うんうん。

なかなか面白いじゃないですか。

この文章、誰が書いたんだろ?

早く続き読みたーい!

 

…て、結構本気で思いました。(←頭がおかしいんです)

 

てことで、前回の記事はこちらです。

私のコト76 - 藤山家においでよ

 

さてと。

私、書けんのかな?という思いのまんまいってみましょー

 

 

Tさんへの連絡を忘れたまま、木田さんとラブホテルに行ってしまった小娘ゆっきぃ。

あとあとめんどうな事になりそうだと薄々感じていながらも、これから始まる木田さんとの肌の触れ合いに心をときめかす。

 

 

シャワーを浴び終え、バスタオルを体に巻き付け部屋に戻る。

 

木田さんはもうすでにベッドの中に入っているようだ。

 

「木田さん?」

 

ベッドの中の木田さんに近づくと、かすかないびきをかいて眠っていた。

 

「寝ちゃったんだ…」

 

ガッカリしながら木田さんの寝顔をじっと見る。

 

「綺麗な顔してんなぁ…」

 

そう呟きながら少しだけほっぺに触れる。

 

私は木田さんのことを何もしらない。

なんで私はこの人にこんなにドキドキするんだろう?

どんな人なのか、何にも知らないのに。

 

木田さんは会社の社長さんだ。

毎日いろいろ大変なこともあるんだろう。

そして、会社をここまで築きあげるのにいろんな苦労をしたんだろう。

 

木田さんは奥さんがいて子供が5人もいる。

一番下の子はまだ5歳だ。

 

お家ではどんな旦那さんでどんなお父さんなんだろう?

 

知りたい。

木田さんが何を思っていて、どんな人なのか。

どんな旦那さんでどんなお父さんなのか。

そしてどんな経験をしてきたのか。

 

ただ知りたい。

 

木田さんの奥さんへの嫉妬心や罪悪感は全くない。

お子さんにたいする罪悪感もない。

 

『私の方だけみてほしい』という所有欲も全くない。

 

ただただ木田さんのことを知りたい。

 

木田さんの顔を見ながらそんな事を考えていた時、

私の携帯電話が鳴った。

 

Tさんからだ。

 

ドキッ!!

 

ハッ!と木田さんの方を見る。

 

 

…全く起きる気配がない。

ホッとする反面、ガッカリした気持ちになる。

 

「わざわざ起こすのも可愛そうだな…」

 

木田さんとのSEXをワクワクしながら楽しみにしていたけど、

疲れて寝ている木田さんを起こしてまでするつもりはないし、

そんなこと恥ずかしくてできない!

 

それにTさんからの連絡。

 

はぁ…

 

…帰るか…

 

私は木田さんを起こさないように静かに服を着て、静かな声でフロントに連絡を入れた。

 

「一人だけ出ます。」

 

『はい』と事務的な声で一言返される。

その事務的な一言で私の中の切なさが増す。

 

テーブルの上に『今日は帰ります。』の置手紙を残し、

木田さんの顔をもう一度見つめ、部屋を出る。

 

大通りに出てタクシーを拾う。

 

大国町まで行ってください。」

 

行先を告げた途端、一気に気が重くなる。

同時に、せっかくの木田さんとの時間を思う存分楽しめなかった自分に腹が立ちはじめる。

 

なんでTさんにこんなに気を使わなければいけないんだろう。

なんでいつもTさんに気兼ねしてるんだろう。

 

そもそも…

 

私は何をやっているんだろう!!

 

頭も心もぐるぐるでぐちゃぐちゃだ。

 

もう悲しいやら腹立たしいやら悔しいやら…

訳が分からないままTさんに連絡をいれる。

 

「もしもし?」

「ゆきえさん?…今どこ?」

 

めちゃくちゃ暗い声。

私の中の腹立たしさが一気に盛り上がる。

 

「今タクシー。遅くなってごめんね。」

 

私は自分の中に沸き上がった感情を押し殺し、

優しくそう言っていた。

 

「…どこ行ってたん?…」

「うん?もう一件アフターに誘われたんや。急いでたから連絡入れるの忘れててん。

ごめんやで。」

 

胸の中はぐちゃぐちゃなのに、しっかりと冷静に嘘をつく私。

なんの為の嘘だろう。

どうして嘘をつくのだろう。

 

「…とりあえずはよ帰っておいで。それからまた話そう。待ってるわ。」

「うん。ありがとう。帰るわ。」

 

帰ったら私はTさんに何を言うだろう。

また嘘をつくのかな。

それとも…

 

これからの自分がどういう行動に出るか、全くわからないままタクシーの窓に目をむける。

 

はぁ…

 

毎日何の心配もなく、ハラハラすることもなく、嘘をつくこともない。

そんな生活、こんな私にはやってこないんだろなぁ…。

 

そんな事を考えていた。

 

 

 

つーづーくー

 

ありがとう。

こんにちわ。

 

ブログを再開したら『待ってました!』の声があがり、そして『にんぷ☆最高!』のアクセス数がすごいことになっていました。(私の中ではすごい数字ってことよ。)

 

世の中には優しい人しかいない!と少し前に自分の中で設定をしたら、ほんとに優しい人しかいなくなった。

 

 

ブログをそろそろ書きたいなぁ…でもなぁ…なんてうだうだしていたとある日。

『うわーーっ!』

と叫びたくなるほど嬉しいメールを頂いた。

 

暑い日が続いていますが、お元気でしょうか?

色々ございましょうとは思い察しますが、また落ち着かれましたら楽しいブログが再開するのを楽しみにしております。

私が思うに、貴女ほどの能力をお持ちなら必ず気づきと共に、克服一皮むけて再登場なさると信じております。

 

こんな優しいメール書けます?

この文章を書けることがほんとにすごいと思った。

 

このメールを送って下さった方の気持ち、この方の素晴らしさ、優しさ…

 

なんてすごいんだろう。

 

そしてそんな素晴らしい方からの優しい“言葉”を頂く“私”はなんてすごいんだ!

 

 

そして今朝。

 

またもや素敵なメールを頂いた。

 

このようなメールに送るような大した事ではないかもしれませんが、他に手段が分からず、こちらにメールさせていただきました。

 

結論から申しますと…

待ってましたーーー!!

という事です(笑)

 

ブログの更新があってとても嬉しくて思わずメールです。

 

本日も素敵な記事をありがとうございます。

ゆっきぃさんの言葉は、なかなか言葉にするのが難しい感情や感覚や気持ちを、微妙なニュアンスを言葉で表現してくれていて、

(ここまで書き上げるのにも大変なエネルギーがいると思うのですが)

読んでいて、うんうん、なんかわかるーー!という気持ちになり、長くてもどんどん読める記事が多いです。

いつもありがとうございます。

 

お忙しいところこんなメールで失礼いたしました。

 

 

 え?

なぁーに言っちゃってんのよーー!!

お忙しくもないし、“こんなメール”って!!

 

こんな!素晴らしいメール!ないって!!

 

こんな優しい素直な文章書ける?

 

私には書ける自信ありませーん。

 

貴女のこの言葉が私に多大なる影響を与えてるのです。

 

 

何度も書いちゃうけど“言葉”ってすごい。

 

時には誤解を与えちゃうときもあるし、こちらが伝えたい!と思っていることがちゃんと伝わらなくて歯がゆい時もある。

 

でも、もんのすごく勇気づけられたり嬉しくなったり何かに気付けたりもするんだよね。

 

 

 

私は受け取り下手だ。

いや、下手だった。

いや、そもそも「へ?受け取るってなに?」くらいすっとぼけていた。

 

過去の私は(過去っていってもほんのつい最近までのことだ)上記のような優しい素晴らしい言葉をかけてくださっても、私のもんのすごく強い“自己否定感”によって全くスルーしてしまっていた。

 

スルーならまだしも「まったくあの人は口がうまいんだからぁ~」みたいな

、相手が嘘をついている的な感じでとらえていた。

 

これってさ、ほんと失礼だよね。

 

こっちの自己否定感が強いばっかりに相手を嘘つきよばわりしてるんだよ。

なんという失礼な!せっかく褒めてくれてるのに。

せっかく自分の気持ち言ってくれてるのに。

 

この「いやぁ~またまたぁ~」とやっているコレは『謙遜』ではない。

一見『謙遜』のように感じるかもしれない。

 

褒められて「いやぁ~そんなことないですよぉ~」っていうアレ。

 

これ、やってる人結構いません?

 

家にセッションを受けに来る方や遊びに来る友人にも割といるんだよね。

 

貴女のこれこれこーゆーところ、ほんとにすごいと思うよ!

と本気でこちらが言ってるのに

 

「いやいや~そんなことないです!ほんとにそんなことないです!」

 

って頑なに言い続ける人。

 

一見『謙遜』のように見えるし、褒められたらそういう風に返すもんだと思っている日本人は多いのかもしれない。美徳?みたいな?

 

でもさ、これマジでむかつくんだよね。

いやマジで。

 

私がそうだっつってんだよ!あんたは素晴らしいんだよ!って私が言ってんの!!

わかる?!

いい加減認めろよ!!

 

あ・ん・た・は・す・ば・ら・し・い・そ・ん・ざ・い・な・の!!

 

聞こえる??

私がそうだっつってんだからそーなの!

嘘ついてないの!!

 

ってなるんだよね。

 

てことを何度も経験してたらさ、ある日気がついちゃった。

 

あれ?

これ、私がやってるやつだ。(がびーん)

 

ってね。笑

 

私、こんなにむかつくこと人にしてたんだー

いやーびっくりだわー

それにかっこ悪いわぁー

褒められたら「いやいや!」じゃなくて「ありがとう!」って言った方がいいわー

自己否定って相手の言葉まで否定しちゃうのねー

相手まで否定することにつながっちゃうのねー

 

そう気づいたので止めることにしました。

『謙遜』な気持ち悪いやつをね。

そして『自己否定』をね。

 

だってさ、気持ち悪い上に誰もいい気分にならないんだもん。

 

これを読んでいる私のお友達諸氏。

 

まだやってるでしょ?笑

気持ち悪いやつ。

 

私はやめることにした。

だから一緒にやめようよ。

 

褒められたらちゃんと受け取ろう。

もしそれが“社交辞令”や“お世辞”とよばれる類のものだったとしてもいーじゃん。

「わー!ありがとう!」ってまず言おうよね。

 

“言葉”ってほんとにすごい。(しつこいね)

でも受け取らなければ何も発動しない。

 

相手がちゃんと投げかけてくれてる大切な“言葉”も

きちんとこちらが受け取らなければ、相手に虚しさや悔しさを味合わせることになる。

(気がする)

 

なので私は今回のすんばらしい言葉が綴られてるメールを、目いっぱい!

両手を広げて!受け取らせて頂きました!!

 

ほんとにほんとにありがとうございます!!!

 

受け取った分以上にどんどん出します!

 

もうね、お尻もおっぱいも出しちゃうんだから!(←うそ)

 

 

あ、今気づいた。

 

『世の中には優しい人しかいない!と少し前に自分の中で設定をしたら、ほんとに優しい人しかいなくなった。』

 

ってさっき書いたけど…

 

そんな設定する前から優しい人しかいなかった。

 

なぁーんだ。

 

結局ただただ私が受け取り下手?受け取り方知らず?なだけだったんだ。

なーんだ。

 

 

今日も良き日だな。

 

ありがとう。

f:id:yukiukix:20170808164628j:plain

そら先生は可愛いな。

親バカっていいな。

 

 

 

 

 

 

 

お待たせいたしました!!

どーも。

まことにお久しぶりでございます!!

 

前回のブログ記事をあげた日付が5月8日になっていてびっくりしているゆっきぃです。

 

もう8月じゃん。

 

『旅に出たまま戻ってこないつもりなんだと思ってたよ。』

『病気にでもなったんか?』

『何か思うところがあるのでしょう。』

『ずっと更新待ってます。』

 

などなど…

 

いろんなメッセージを頂いておりました。

 

優しいお言葉をくださったみなさん。

ほんとにありがとうございます!!

感謝です!

 

のに…

 

なかなか書けなくてですね。

PCに向かうことすら怖くなってたりして。

 

今日はブログ再開のリハビリ記事です!

 

文章を書き綴りたい、自叙伝も書き綴りたい、そんな欲求が心?身体?の奥深くから湧いてきているのに思うように動けない。

ずーっとそんな状態が続いていたのですが、そんな状態にもそろそろ飽きてきているようです。私。

 

でもまた飛ばしすぎると反動がすーぐ出るのでゆっくりいきます。

 

 

久しぶりに綴る文章。

 

キーボードをカタカタ鳴らしながら綴られていく何か。

 

心が躍る。

 

心が躍るようなのに、体の中心は空洞になっていき、だんだんと静けさが広がる。

 

文字を綴る。

キーボードをカタカタ鳴らしながら押しているだけ。

 

ただそれだけなのに“何か”がそこに現れる。

 

すごい。

 

やっぱり文章を綴るってすごい。

 

そしてこれを読んでくれる人がいてくれることがすごい。

 

改めて感じる。

 

 

今回ブログがストップしてしまった原因?みたいなもの、

“私というワク”がまたもやガラガラと壊れていったきっかけ?のようなもの、

まだまだしつこく皮膚のごとくこびり付いていた“思い込み”という名のものが

まさに剥がれて?いや“剥がされて”いく過程の苦しみ…

 

そんなこともぼちぼちと書いていくつもりです。

(書かないかもだけど。)

 

 

さて、突然ですが。

私にはそら先生以外にもう一人子供がおります。

いや、おりました。

 

自叙伝にこの事がでてくるのはもーーっとずーーっと先のことなので

ここに先に書いちゃいます。書きたくなったから。

 

その子は三年前に1歳4か月で亡くなりました。

 

18トリソミーという染色体異常で生まれた男の子でした。

ブログ記事一覧|にんぷ☆最高!~seasonⅢ 18トリソミーの天太さんがやってきた!~

 ↑ その時に書いていたブログです。

感情やらなんやら書いているのでよかったら読んでみてくださいね。

 

 

その子の名前は『天太(てんた)』っていうんだけど(かわいい名前でしょ?亮一さんが付けたの。( *´艸`))、まー可愛い子でね。マジで。

 

でもお世話とかものすごく大変でね。

 

18トリソミーって『短命』で有名なのですよ。

(もちろん長く生きる強い子はいますよ!)

 

もー感情も生活もなんだか大変でした。

 

で、結果1歳4ヵ月で亡くなっちゃうんだけど…

 

んー、なんていうか…

 

全てがすんごく良かったんだ。

 

天さんを産めたことも、お世話できたことも、感情が荒れたことも

自分に薄情な部分がこんなにもたくさんあったことを知れたことも、

亮一さんと天さんのことについて(“死”について)たくさん話せたことも、

『人ってほんとに死ぬんだ』ってことをもんのすごくリアルに見られたことも…

 

なんか書ききれないけど、全部が良かったんだ。

 

 

昨日は亮一さんの親族と私の親族が集まってくれての天さんの三回忌だった。

 

私の母親も姉も義姉もフツーに

「天太がさー♪」

「天ちゃんってさー♪」

「これ天太にあげようと思ってさー♪」

と話しているのを聞いて、なんだか泣きそうになった。

 

天さんがいなくなって寂しいとか、悲しいとか、思い出して泣ける、とか

そういうんじゃなくて。

 

なんかわかんないけど『天太がフツーにちゃんと家族の一員として認められてる』っていうコトがもんのすごく嬉しくて、そして同時に『私って愛されてるのねー!!』ってもんのすごく実感して、何回か泣きそうになった。ってことは内緒。

 

お寺さんで法要が終わり、お墓参りして、みんなで家に来てワーワー賑やかにお食事して、そらさんは従妹の美心(みこ)とずーっとたのしく遊んでた。(同じ年の6歳。私の兄の子)

 

とても良い時間だった。

 

 

私は自分の産んだ息子を1歳4ヵ月で亡くしている。

 

 

でも、ずーーーっととーーーーっても幸せだ。

 

私は流産を4回経験している。

 

でも、ずーーーっととーーーーっても幸せだ。

 

強がりでもなんでもない。

 

苦しかったり悲しかったり胸をかきむしるような感情が湧くことももちろんある。

 

『いっそ殺してくれー!!』ってくらい辛い感情が湧くことも正直ある。

 

でもねー

 

私にしかできない体験。

私にしか味わえない感情。

 

尊い

 

ただただ尊い

 

これを読んでくれている貴方の体験、貴方の感情。

 

それもほんとに尊いんだよ。

 

 

さてと。

 

そろそろ休養は終わりにするかな。

 

循環はアウトプットから、『出すこと』から始まるよね。

 

そろそろ『出しまくり』ますかね。

 

 

またよろしくお願いします。

 

読んでくださってありがとうございます!!

 

自叙伝もぼちぼち続きいきますからー!

f:id:yukiukix:20170807154104j:plain

家ねー子猫を二匹飼い始めたのーー!

めちゃくちゃ可愛いよ(*´з`)

 

 

 

 

 

 

 

京都からこんばんわー

今京都のすこぶる綺麗で親切なゲストハウスでこの記事を書いております!

 

こんばんわ!

旅のはじまりにワクワクしているゆっきぃです!!

 

昨夜、朝8時30分までには家を出る?感じ?にしよう!な、ゆるーい目標を一応決め、

朝6時30分に起床。

 

そこからバタバタと用意をし、そらさんを起こし、『着替えろー』とゆるーく急かし、

亮一さんが淹れてくれたコーヒーを飲み…

 

「よゆーで8時30分に間に合うじゃーん!」と思っていたのもつかの間…

 

「あ!おにぎり作ろうと思ってたの忘れてたー!」の私の声が家に響く。

 

やめりゃーいいのにおにぎりを作る。(結果良かった)

 

で、8時30分を過ぎる。

 

「やっぱり計画なんてたてるもんじゃねーや。」の結論に達する。笑

 

で、9時ころやっと出発!!

 

亮一さんの安定した運転でごごきげんなドライブ。

 

途中サービスエリアにちょいちょい立ち寄り、試食をガンガン食べる。

 

至福だ。

 

f:id:yukiukix:20170508222319j:plain

f:id:yukiukix:20170508222408j:plain

f:id:yukiukix:20170508222418j:plain

トイレがあまりにも綺麗で感動した!ので写真を撮る。

 

 

f:id:yukiukix:20170508222528j:plain

f:id:yukiukix:20170508222612j:plain

f:id:yukiukix:20170508222631j:plain

こちらのトイレも感動的に綺麗だったのでまたもや写真を撮る!

 

 

日本ってほんとに綺麗だなぁ~

これって割とすごいことなんじゃないかなぁ~

つまんなさでもあるけどさー

みたいなことを亮一さんとお話しする。

 

f:id:yukiukix:20170508222940j:plain

f:id:yukiukix:20170508222949j:plain

 

途中、滋賀県草津サービスエリアに立ち寄る。

滋賀県に住んでいたころをものすごく思い出し、少しだけ『うお~!』という気持ちになる。

 

この赤いこんにゃくを見たらなつかしすぎて少しノスタルジックになった。

 

 

f:id:yukiukix:20170508223307j:plain

f:id:yukiukix:20170508223318j:plain

鴨川で出会った素晴らしくかしこいワンコ。

 

f:id:yukiukix:20170508223347j:plain

f:id:yukiukix:20170508223415j:plain

すこぶる美味だった手作りアイス?ジェラード?屋さんで食べたアイスとそのお店にあった素敵なブロック机。

そらさんがリュックをしょったまま真剣のブロックをやっている姿があまりにも『萌え~』だったのでちょっと悶絶した。

 

そんなこんなでなんだかゆるく楽しい旅がはじまっております。

 

明日は京都在住の方とお会いします!

 

どんな『話し』が『起こる』のか!

ほんとに楽しみでなりません!!

 

ありがたい。

ただただありがたい。

 

私が私でよかったなぁ~…

としみじみ思う一日だった。

 

同時に、私のチームメンバーは素晴らしいなぁ~…

と、しみじみとそしてガッツリと思う一日だった。

 

旅に出る!と決めてよかった。

 

なにかがゆるく変化をしていく旅になりそうな予感がしています。

 

では。

おやすみなさい。

また明日。

明日出発します!!

こちら!!

 

貴方に出会う旅!↓


yukiukix.hateblo.jp

 

当初は7日に出発の予定でしたが、諸事情により明日の朝の出発になりましたー!

 

まだなんの準備もしておりませーん!!

 

今決まっているだいたいの予定です。

 

5月8日横浜出発~8日夕方ころに京都着予定

9日午後に『会いたい』と言ってくださっている京都在住の方とお会いする

10日鳥取県に到着予定。鳥取県在住の『会いたい』と言ってくださっている方にお会いする?予定?

11日 香川県に入る予定(もし会えたら香川県在住の方とお会いする?かも?)

12日 高知県到着予定。

13日、14日、15日、16日まで高知県をフラフラ~の予定。

17日~は帰りながらどこによるかは全く未定。

 

いまのとこ、こんな感じでございます!

 

高知県在住の方、香川県在住の方、もしくはその道中、帰りの道中、

「会ってみたいなぁ~」な方いらっしゃいましたらお気軽にご連絡くださいね!

 

どんな旅になるか?!

すんごく楽しみです!!!

 

貴方!にもお会い出来たらほんとに嬉しいなぁ~♡

f:id:yukiukix:20170429114325j:plain