藤山家においでよ

藤山家ってこんなとこです。

藤山家の秘密公開。~パワースポットである理由はこれ!~

 

藤山家がパワースポット化してはや1ヵ月ちょっと。

一体全体何がどうしてパワースポットなのか?について書いていこうかなーと思っています。

興味あるでしょ?(*‘∀‘)

あーるーよーねー!

 

さて、9月後半に藤山家の一部屋が大変身いたしました。

 

その記事こちら↓

yukiukix.hateblo.jp

 

 

f:id:yukiukix:20180922144525j:plain

 

こんなに掘って~

f:id:yukiukix:20180922144852j:plain

奥多摩の樹齢150年の檜の先端部分、1メートルほどが地中に埋まりました。

f:id:yukiukix:20180922145102j:plain

f:id:yukiukix:20180922145315j:plain

こんな感じのものが藤山家の地中には埋まっております。

f:id:yukiukix:20180922150114j:plain

f:id:yukiukix:20180922150354j:plain

その地中柱の先端がここから見えます。↑

そこにこの施工を手掛けている社長さんが祝詞をあげてくれました。

 

今現在のそのお部屋がこちら。↓(モデルはハルくん🐈)

f:id:yukiukix:20181110112631j:plain

 

 

f:id:yukiukix:20181110112701j:plain

 

ほとんど物のない空間がとても気持ちいい。

 

さて。

藤山家にはこの地中柱の部屋の他に、もう一つ秘密があります( *´艸`)

これはこのお部屋改造前から取り入れていたものなのですが~…

 

じゃん!!

f:id:yukiukix:20181110112939j:plain

 

こちら家の分電盤。

よーく見て下さい。

何か怪しいものがついていますねぇ。

 

ん?

んんん?

これーー!!↓

f:id:yukiukix:20181110113036j:plain

なんか赤いので挟まれていますねー。

これがまた大きな秘密を持っています。

 

これね、電磁波を遠赤外線に変えてしまうという装置。

(超絶あやしいでしょ?笑)

 

藤山家は床の工事をする数か月前にこの装置を付けたんですがね、これを付けると家中の電気が遠赤外線に変わってしまうというのですよ!!

 

蛍光灯ってすごい電磁波なんですって!

ご承知のように電子レンジはかなりひどい。

でも蛍光灯の電磁波も比にならないくらいだとか。

福島の避難区域の数値と家庭の数値がほとんど変わらないそうで…(そうなんだってよ)

 

電磁波カットのものは結構世に出回っていて、きっとどれもいい物なんだと思います。

ただこれのすごいところはカットするんじゃなくて、クルンと遠赤外線に変えてしまうというところ。

 身体にいいものに変えてしまう!というところに夫婦で感動し、取り付けてみよう!と亮一さんが決断したのでした。

 

結果。

 

私はブログを長く書いているので(自叙伝とかね)、パソコンの前にいる時間が結構あったんですが、いつも肩も首もめっちゃ痛くなってたんですね。

それが!!

これを付けた途端ぜんっぜん痛くないの!!

ほんとにびっくりしてねぇ。

今じゃ何時間パソコンの前にいてもだいじょーぶ!!

 

なにより家中が快適になったんです!!

なんていうか空気が違うというか…

とにかく気分がいい。

 

そこで亮一さんが「床もやりたいなぁ…」と言い出し、私が「やっちゃえやっちゃえ!」と煽り笑、床の大工事をして本格的なパワースポット化したってわけ。

 

こちらをご覧ください。

f:id:yukiukix:20181110113843j:plain

こちら、家の改装した部屋の変化を数値化したものです。

前にもちょっと書いた『波動測定器』というもので計測した結果です。

 

汚いですが笑、青い囲いの部分をごらんください。

 

改装前は『免疫レベル』が11という数字でした。

人体の免疫レベルは14~となってます。

14という数字で初めてこうやって普通に生きていけるのだそう。

13になると末期ガンの免疫レベル。

たった1下がるだけで末期がんですって!!

 

よく見てくださいね。

人体より家の方が(環境の方が)数値が低いってなんかすごくないですか?

11って!

14という数値がないと元気で生きていけないのに、生活している環境が11ですよ!

これは一般家庭ほとんどがこの数値らしいです。

 

そりゃ疲れるよね。

心だって疲れるよね。

イライラもするよねぇ。

 

それが!

施工後と祝詞をあげて頂いた後、11→21(太陽と同じ数値)→23(太陽よりも上いった!)に変化をしています。

 

ちなみに赤枠の部分の『体験ハウス』という欄の数字、すごくないですか?

免疫レベルが61!!

この『体験ハウス』というのがこの施工を行っている会社のやっているすごいお家。

私たちが体験して感動した大元の場所です。

もほんとにすごい場所なのよ。

とにかくすごいとしか言いようがありません。

(最初めっちゃ怪しく感じるけどね笑)

 

 

そしてこちら。

f:id:yukiukix:20181110120144j:plain

こちら家の2階部分の数値。

改装をしたのは1階です。

ですが一階部分をやっただけで2階の数値も大幅にアップしております!!

 

11→20ですよ!

幸福(快適性)なんて7→19!!

 

元々幸せだったけど、もっと幸福度があがったのよーー!!

 

 

家中の電気が遠赤外線になり、水も活性水になり(お水にも秘密あり( *´艸`))、ガスもたき火と同じ数値に変わり(ガスにも秘密あり( *´艸`))、炭やセラミックや石、御神木のお陰でとてもバランスの取れたお家に変わりました。

 

こりゃそんじょそこらの神社やパワースポットと呼ばれる場所に行くより家にいる方がずーーーっと元気になるし、幸福感がましましになるはずよねーー!!

 

 

一ヶ月ちょっとこのお家で過ごしてみての私の変化を書いておこうかな。

 

まずわかりやすいのは『めっちゃ良く眠れる!』です。

施工直後はエネルギー当たりのような頭痛があったのですが(このエネルギーに身体がついて行かず、悪いところがでてきたかのような感じ)、しばらくするとそれもなくなり、ただただぐっすり眠れます。

 

あとは『酒がほとんど飲めなくなった!』かな。

あ、これはまぁ限界が来ただけかもしれないんだけど(;'∀')

でもなんか「飲まなくてもいーや」って思えたのってもしかした「満たされたから」っいうのがあるのかもしれなくて、その「満たされた」っていう感覚って「生きてるのすっごい気持ちいい」って思える身体になったからかもしれないって感じてます。

環境でね。

 

そして『肌がツルツルになってきた』です。

一週間前位までブッツブツのガッサガサな肌になってしまってて、「うはー!これはどうしたもんかー?!」って思ってたんだ。(多分デトックス。)

でもしばらくしたらだんだん綺麗にツルツルになってきました。

今化粧水もなんもつけないでいたらどうなるか?の実験中なんだけど、今のところいい感じです。

 

そして『めっちゃ快便!』。

お酒を毎晩飲んでいた私は毎日ゆるゆる便でした。

これっておかしいよね?(;'∀')

それが今はお酒の量がかっくだんに減ったためか、すんごい快便!!

お陰で頭がいつもスッキリ!!

(脳=腸ですからね!!)

 

今のところこんな感じ。

とにかく幸福感がすごいんですよ。

身体もどんどん良くなっていく感じだし。

 

てことで私は今絶賛引きこもり中です!!

 

毎日この部屋でなにやらコソコソとやり始めています。

 

さて、このお部屋を体験したい方、お話し聞いてみたい方、ただただ寝っ転がってみたい方の為に次回のブログで諸々の体験モニター募集いたします!!

このお部屋で私の施術を受けてみたい!と言う方も受け付けます。

もちろんリーディングも。

 

それに先駆けまして、質問など諸々ございましたらこちらへどうぞ。

 

お気軽にお問合せください!質問もお気軽に!

 お問い合せ:メールフォーム

 

 

ほんとに快適だからいろんな人に体験してもらいたーい!

 

あ、大元のすごい家のHPはこちらです↓

www.iyashinoyokohamataikenhouse.com

 

気になる方、ぜひ体験してみてください!!

ほんとすごいよ!!

社長も奥さんの常務もとても素敵な面白い人です。

絶対売り込んだりウザいセールストークなんて一切しないから安心してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

そらさんの怖い話し。~貴女は貴女の言葉で話せてる?~

 

10月の後半にあった、一週間の秋休みを終えてそらさんはまた元気に学校へ行き始めました。

南アルプス子どもの村学校には秋休みがあるんですよー)

 

月曜日、学校に送り届けた時はちょっと泣きそうな顔をしていたけど何とか堪え、「行ってきまーす!」とお部屋に入っていきました。

 

そして夜。

TELがかかってきたは20時55分。

TELをかけていい時間は21時まで。

 

ギッリギリ!笑

 

ゆ「そらちゃーん!」

 

元気な声を期待して声をかける私。

 

そ「ママ…」

 

…ヤバい…

これ泣くヤツだ。

 

ゆ「どうしたー?」

 

そ「…なんか泣きたくなってきた…」

 

ゆ「うんうん。いいんだよ。泣いていいんだよ。寂しくなっちゃった?」

 

そ「…うん…うぅ…うわーん…うわ…うわ…うわーん」

 

 

…はい、本泣き入りましたー。

 

ひとしきり泣いたそらさんはパパとも泣きながら話し、最後には

 

そ「もう後ろの子が待ってるから切るね…うぅ…おやすみ…うぅ…大好きだよ…」

 

と言ってTELを切りました。

 

うおーーー!!

やっぱりせつねーじゃねーかーー!!

 

と、そんな月曜日が終わりました。

 

まぁ火曜日からは全く泣かなくなりましたけどね。(;'∀')

 

なんだかんだ楽しそうに一週間の学校生活を終え、昨日お家に帰ってきたそらさん。

 

さっき大量のオムライスを作ってあげたら全身で大喜びしてました笑↓

f:id:yukiukix:20181103122707j:plain

いえーーい!!やった!やった!と踊るそらさん。かわゆす。

f:id:yukiukix:20181103114156j:plain

↑このオムライスにはそらさんを踊らせるパワーがある。すごい。

 

今朝、お布団の中でゴロゴロしながらそらさんがこんなことを言いだしました。

 

 

そ「ねぇママ。怖い話ししてもいい?」

 

小学生のころって『怖い話し』流行りませんでした?

 

そらさんの学校も絶賛怖い話しブームらしく、最近そんなことばかり言ってます。( *´艸`)

私は幼いころから“目に見えないもの”が見えてしまうヤツだったのと、実家がヤバかったから怖い話しの持ちネタいっぱいあるんですよね。

でも今のそらさんに私のマジな話しをしたら夜眠れなくなってしまうので、未だ封印中。笑

 

ゆ「えーー!やだぁ~。怖いんでしょー?ママ怖いもん!やだやだ。」

 

絶対怖くないのわかってるけど笑、本気で怖がって嫌がる私。

 

そ「いいでしょ!いーでしょ!ママ!してもいいでしょ!」

 

笑いながらなんとしても怖い話を私に聞かせたいそらさん。

 

ゆ「えーー…だってママ怖いの嫌だもん!泣いちゃったらどうすんの?!ママが泣いたらどうする?!」

 

本気(風)に言う私。

 

そ「泣いたら…よしよしってしてあげる!!だからいーでしょ!はい!いーね!いーね!じゃ怖い話しするね!」

 

そらさん強行突破。

 

ゆ「えぇー…じゃあいいよー。怖いけど…」

 

渋々(風)に答える私。

 

そ「うん!じゃあいくよ。あのね『イルカ島』って話なんだけど…」

 

小さな声で怖さを演出するそらさん。

 

ゆ「うん。『イルカ島』って話なんだ。うわー…怖いんだろうなぁ…」

 

怖がる(風の)私。

 

そ「あのね…その『イルカ島』って言葉を…」

 

もっと怖さを円演出するために声を低くするそらさん。

 

 

そ「20歳のハタチになるまでにぃ…」

 

 

に…にじゅっさいのハタチになるまで?

 

ぶははははははは!

もう全然こわくねーーー!!!

台無し!!

もう台無し!!

 

思わず笑ってしまった私。

でもなんとか堪える。

 

ゆ「うん(ぶはは)に…にじゅっさいのハタチになるまでに?(ぶははは)」

 

そ「うん。20歳のハタチになるまでにぃ、その言葉を忘れておかないとぉ、20歳のハタチのお誕生日に誰かから電話がかかってくるんだって!それで、その電話の人がぁ『イルカの足はいるか?』って聞くんだってぇ。」

 

ゆ「えぇ!!にじゅっさいのハタチ(←面白いから何度も言いたい)のお誕生日に電話がかかってくるの?!誰からよ?!それ誰よ?!」

 

大袈裟に驚く私。

 

そ「それが誰かはわからないんだって!それでね(←低い声)『いりません』って答えるとぉ…足もぎ取られちゃうんだって!!(←この話し最大の盛り上がり場所らしい。)」

 

ゆ「ええーーーーー!!!怖いーーー!!なにそれ?!めっちゃ怖いじゃん!!どうすんの?それ!」

 

大袈裟に怖がる私を見て大満足の顔をするそらさん。

 

うぅ…かわゆす。

 

そ「だからね、20歳のハタチまでに(←もう一回聞けた笑)その言葉を忘れるかぁ、もし覚えていても『イルカの足はいるか?』って聞かれたら『いります!』って答えたら平気なんだよ!だから大丈夫!」

 

そらさんがめっちゃ自慢げに教えてくれます。(*‘∀‘)

 

ゆ「あぁーそっかぁ。それならよかった。あれ?でもさ、ママはもう43歳じゃん。

ママのにじゅっさいのハタチ(←言いたい)の誕生日はもう終わっちゃったんだけどさ。そういう時どうなんの?」

 

一応聞いてみた。

 

そ「え?あー…そうかぁ。じゃあママには関係ないや。よかったね!」

 

可愛い笑顔で励まさ…れたのか?(;'∀')

あはは…

はい…よかったです。

 

 

そ「あとさ、こんな話しもあるんだよ!あのね…」

 

そらさんの怖い(怖くないけど)話しは延々と続きます。笑

 

私のガチの話しを聞かせられるのはいつだろうか…。

 

 

そらさんは一生懸命私たちに話しをしようとします。

それってほんとに大切なお勉強なんだろうなぁと思うんだ。

なんとか相手に伝えたいと思ってしてるんだよね。

怖さを味合わせたい!だっていいよね。

どうやったら伝わるか?をものすごい頭をつかって考えてるんだからねぇ。

 

そらさんはもっと小さいころから説明がとても上手です。

まだ少ない語彙からなんとか伝えようと試行錯誤するんです。

(逆にパズルが苦手だったりブロックが苦手だったりしたんだけど。)

 

言葉ってとっても大切だし、言葉のチョイスで『その人となり』がわかることってあると思っているんだ。

 

そらさんにはそらさんの言葉で話してほしいし、そらさんの言葉で文章を楽しく書いて欲しい。

亮一さんは亮一さんの言葉で話してほしいんだ。

 

だから私は今日も話しを聞く。

そらさんのどんな話しも真剣に。

亮一さんの話しを真剣に。

そして私の話しを私が真剣に聞くんだ。

 

貴女は貴女の言葉で話してますか?

誰かの言葉じゃないですか?

貴女は貴女の話しを聞いてあげてますか?

 

 

昨日私はとある場所でプレゼンをたくさん聞いた。

去年私もプレゼンをやる立場にあった場所。

今度は聞きまくる立場に回りました。

 

率直な感想は『自分の言葉で話せてない人が多いなぁ』でした。

結果話しが全く入ってこないということがわかった。

 

上手いとか下手とかももちろんあると思うけど、下手でも『自分の言葉で話せているか否か』でものすごく変わるんだと改めて実感できました。

 

ねじ曲げず、変にカッコつけず、何を伝えたいかを自分で感じて言葉をチョイスする。

 

すごく大切なことだなぁと思ったんだ。

 

貴女は貴女の声、聞けてますか?

そして貴女の言葉に耳を傾けていますか?

 

どうかな?

 

 

それにしても『にじゅっさいのハタチ』って…爆(←しつこい)

 

ではまた。

結婚10周年で思うことあれこれ。

 

10月26日で結婚10周年を迎えた私たち夫婦。

 

ささやかながらお祝いしたんだー。

 

f:id:yukiukix:20181030160147j:plain

超絶簡単だけど美味しいゴハン♡(←もう自分で言っちゃう笑)

f:id:yukiukix:20181030160255j:plain

年々かっこよくなる亮一さんが泡をついでくれた♡(拍車がかかる嫁バカ。)

 

結婚して10年だって!

結婚して10年!!

10年よ!!

 

うるさい?

 

だってね、私が結婚なんて出来ると思ってなかったのですよ。

ましてやこんな風景が目の前にあるなんてすごいわけ!!

f:id:yukiukix:20181030160534j:plain

 

子どもいるじゃん!!('Д')

 

私が子供?!は?!

無理に決まってんじゃん!!

子育て?

無理無理無理無理!

毎日お世話しなきゃなんでしょ?

そもそも毎日の家事だってできるかどうかわからないのに、そのうえ子ども?

はーーー?!

そんなん無理に決まってんでしょ?!

 

と本気で思っていた私。

 

気付いたらこんな子が目の前にいるじゃないですか。

f:id:yukiukix:20181030160823j:plain

 

10年前には想像もしてなかった毎日。

年々どころか日に日に亮一さんを好きになる。

毎日がすごい。

 

亮一さんがぱーちーの時にこんなことを言っていた。

 

り「ゆっきぃはさ、結婚当初と言ってることが全然違うことがたくさんあるよね。

これさ、俺は大丈夫だったけど『詐欺だ!』思うヤツ割といると思うよ。」

 

…結婚10周年ぱーちーの日にディスられる私。(-_-)

割とショック。

 

り「だってさ、子どもは作らなくてもいいって言ってたし、結婚してからも他の男性と飲みに行くこともあるよ!って言ってたし…あとさ…」

 

出てくる出てくる。私が忘れていることが。

 

り「ゆっきぃは言ってることがコロッと急に変わるんだよね。だからあんまり真剣に聞いてないんだ。『大好き』って言葉だって俺は信用してないよ。急にその気持ちがコロッと変わっちゃうことだってありうるんだから。ゆっきぃは。」

 

…そーなんだ('Д')

私ってそうなんだ('Д')

 

その時はほんとに本気でそう思ってるんだよ。

ほんとのことしか言わないもん。

 

そう反論する私。

 

り「そうだと思うよ。でもさ、こっちはびっくりするんだよ。」

 

怒ってるわけでも文句を言ってるでもない様子の亮一さん。

ただ「そう思ってる」を伝えているだけ。

 

でもさ、結婚10周年ぱーちーのときにそんなにディスることなくないですか?(-_-)

 

り「ふだん言わないことを言ってみたんだよ。」

 

ちょっと落ち込む私。

でもちょっと気になることがある。

 

ゆ「でもさ、なんで私がコロッと変わったことがたくさんあったのに亮一さんは大丈夫だったの?」

 

さあ!

なんて答える?!

 

り「まぁあんまり最初から信用してないから。」

 

…ちーん…

 

私の『大好き』も『ちょー愛してる!』も全面的には信用してないようです(-_-)

 

り「でもさ、そういうもんでしょ?いつ気持ちが変わるかなんて誰もわからないんだから。」

 

いや、そうですよ。

そりゃそうだ。

でもさ、今日はいいじゃん。

そんなこと言わなくてもいいじゃん。

 

ちょっと心が拗ね始めた時、亮一さんがこう言いました。

 

り「ゆっきぃと結婚できてよかったよ。俺も愛してる。ほんとだよ。ゆっきぃと結婚できて幸せだよ。」

 

 

 

もーーーー!!!

そういうとこズルい!!

 

それを聞いた私はこうなるんだ。

 

ゆ「えへへー(*‘∀‘)やだぁー(*‘∀‘)もー!」

 

…完全に扱いをマスターされている…

 

 

亮一さんと毎日一緒にいられた10年。

なんてすごいんだ。

 

この10年でそらさんが生まれて、ケンカして、仲直りして、たくさんお話しして、天太が生まれて、たくさん悩んだ私のサポートをしてくれて、そして天太が死んで、またたくさんお話しして、デートして、お酒を一緒に飲んで、一緒にテレビを観て、たくさん笑って、一緒に美味しいねーって言って、一緒にこれ美味しくないねーって言って、暑いねって言って、寒いねって言って、眠いねって言って、おはようって何度も言って、おやすみって何度も言って、いってらっしゃーい!があっておかえりー!があって、これ嫌だとかこれがいいとかいろいろいろいろ…

 

10年ってすごいね。

毎日が積み重なると10年になるんだね。

 

毎日が新しい連続だし、過去はもうないけど「すごいねー」と思いながら記憶を辿ることができる。

記憶があるって素晴しいなぁ。

 

11年目に突入した私たち夫婦。

これからどんな風になっていくかなんて誰にもわからない。

わかってたまるもんか。

 

私はいつでもりょういちさんといろんなことをシェアしたいと思っている。

心のこと、そらさんのこと、仕事のこと、SEXのこと、なんでも。

だからいつもオープンに話そうとする。

でもいつももっとオープンにしてくれるのは亮一さんの質問が秀逸だから。

返す言葉が「は?!そんなこと良くいえるね?!」とびっくりする言葉ばかりだから。

(いい意味でね。)

 

ますますいい男になっていっている亮一さんに気持ちを伝えるのは大変だなぁ。

 

今日も私は悩みます。

どうやったら伝わるか?と。

どうしたら私の『大好き』が伝わるか?と。

 

結婚10年たってもこんなことで悩めるのはほんとに幸せだな。

 

そんなことを思った10年目でした。

 

『結婚って楽しいよ』

 

若かりしの私に伝えたい。

その言葉を。

 

さー

今日も亮一さんと楽しい夕飯の時間を過ごすためにゴハンを作りますかー。

 

ただの惚気ブログになってしまった…

読んで下さってありがとうございます!

 

ではまた。

 

f:id:yukiukix:20181030164704j:plain

そらさんは昨日のTELで泣いてましたー!

とほー(;'∀')

f:id:yukiukix:20181030164804j:plain

補助なし自転車乗れるようになったよー!

迷っているその時間こそが愛情の現れなんだと思うんだよね。そして人間は結局みんな死ぬんだよね。

 

今日は私の想いのたけをぞんぶんに書きたいと思っています。

一文字一文字心を込めて綴りたい。

 

私と亮一さんは『死』についてよく語ります。

今の日本ではこの話題すらタブー視されているような風潮のような気がします。

隠されているし、見せないようにしているような感じがするんだよね。

隠されれば怖さは増すし、話題に出そうもんなら「そんな話しやめて」と言わんばかりの顔をされる。

 

そう感じません?

 

でも今私たちが生きてる上で重要な事実の一つは『いずれみんな死ぬんだ』ってことだと私は思うんです。

それはタブーなことでもなんでもなく、まぎれもない事実。

 

その死ぬ時がいつかは誰もわからない。

(まれにわかっている人もいますけどね。それは超まれな話し。)

 

『死』って意識したことあります?

真剣に意識したことありますか?

 

被災地にいらっしゃる方はそりゃもうリアルに体験していると思います。

私にも想像がつかないくらいのリアルさなんだろうと思う。

 

じゃあそれ以外の方は?

 

どうですか?

 

病や災害に合った方が生き方ががらりと変わったという話しは良く聞きますね。

それは『死』をリアルに感じたからなんでしょう。

 

 

今私の父が死の淵をさまよっている状態です。

もう食べることもできないし話すこともできない。

手を少しも動かすこともできません。

目もどこを見てるかわからない状態だし、すぐに眠ってしまう。

 

私の大好きな父親が今そんな状態です。

 

でも驚くことに私はまったく悲しくないんです。

もっと生きていて!なんて微塵も思わない。

早く楽になったらいいのにとすら思う。

(死んだら楽になるかどうかはほんとのところ体験してないのでわからないのだけれど。)

 

父は正男と言います。

正男さんは私の父親だけれども、その前に正男さんという1人の男性です。

『私たちきょうだいの父親』であるけれど、その前に正男さんという1人の男性。

その1人の男性が『正男』という1人の男性としての人生の幕を下ろそうとしている。

 

ただその事実があるだけ。

 

そこにはいろんなドラマがあるんだけれど、それはただのドラマに過ぎない。

「私のお父さんが」も「あんなに強かったお父さんが」も「私のトラウマを植え付けたお父さんが」も全てただのドラマ。

 

そのドラマ達はそりゃあパワフルに感じるし、素晴らしいものだけれど、今起こっている現実とは関係ない。

もう過去のことだから。

ただ『死』のにおいがしていることがリアルな事実。

 

そしてその『死』は誰にも平等にやってくる事実。

 

『死』って聞くとどんなイメージですか?

怖い?

そんなこと言うのやめて欲しい?

不謹慎?

 

もし何かひっかかったり嫌な気持ちが湧いたなら、それは何故だろう?

 

 

 

ここにも何度も書いたけど、私には息子がいました。

 

 

↓これとか、その下の記事とかで触れてます。よかったらどうぞ。

yukiukix.hateblo.jp

yukiukix.hateblo.jp

 

私は自分の息子が私の腕の中で亡くなるという体験をしているんだけど、これはほんとにすごいことだと思っている。

 

あー人間ってほんとに死ぬときは死ぬんだなぁ…って思ったんだ。

 

私もかつて若かりし日に「殺される」と思って生きていた時期もあったし、「いつ死んでもいいや」くらいの時期があったんだけどなんの因果か未だ生きている。

 

でも今も『死』は当たり前に隣り合わせにあるような気がしてるし、そんなもんだと思って生きているんだ。

 

輪廻転生はあると思っているけど、今のこの身体でこの名前でこの時代で生きられるわけじゃないよね。

この人生は一回こっきりだと思っています。

 

 

『死』を意識するとどうなると思う?

 

亮一さんがとっても素晴らしい言葉を言っていたので書いておこう。

 

 

「死を強烈に意識すると生が生々しく感じられるようになるんだよね。」

 

 

『死』をちゃんと感じると強烈な『生』が現れる。

 

面白い!

 

何かに迷ったとき、何かに悩んだとき、ちょっとだけ意識して欲しい。

 

「明日死ぬかもしれないけど、どうする?」

 

 

あなたの人生はあなただけのものだ。

誰も代われない。

そして明日も同じように生きている保証は実はどこにもないんだよね。

 

 

我が子のことで悩んでいる一人のお母さんがいる。

 

「この子にとって一番いい選択はどれだろう?」と。

 

まだその子は小さくて、答えなんて教えてくれない。

 

悩むよね。

自分のことじゃなくて我が子のことだもん。

でも選択をしなくてはならないのは父親と母親。

ましてやそれが生死に関わる選択ならなおさら悩む。

 

この子はどうしたいんだろう?

この子はどうしてほしいんだろう?

 

かつて私も天さんに向かって何度も声をかけました。

 

どうしたい?

生きたい?

手術してでも生きたい?

それともこのままでいい?

 

そして亮一さんと何度も話しをしたんだ。

 

そんな時、亮一さんはいつもこう言っていました。

 

「どれが正解かなんてずっとわからないんだから俺たちが一番スッキリした気持ちになる方を選択しようよ。周りの人の意見も聞くけど、最終的な決断は俺たちがスッキリするかしないかで決めた方がいいよ。」

 

私はその度に「そうだなぁ」と思いながらも悩んで悩んで考えました。

 

そんなに考えている時間がない出来事もたくさんあって、その時はドキドキしながら自分の決断を伝えてきました。

 

その時は「これでよかったのかな…」とぐちゃぐちゃもしたけど、今となっては全てが良い体験で良い思い出になってます。

 

そして天さんが亡くなって4年が過ぎた今、思うことがあるんだ。

 

 

たくさん迷っているその時間こそが尊い愛情の現れなんじゃないかって。

 

決断を下した内容が正解だったのかどうかはほんとはどうでもよくて、その迷って考えている時間こそが『正解』そのものなんじゃないかって。

 

悩んでいることが我が子のことだとしても、それも自分の人生。

 

選択の良し悪しはすんごく時間がたってからじゃなきゃわからないことだらけだ。

 

今後悔していたとしても数年後には「あれでよかったんだぁ~」ってことあるじゃない?

それに後悔するような選択をしたってどうせ人生良くなっていくしかないんだから。

身体をみて。

勝手に良くなっていこうとしてるでしょ?

傷は勝手に治るし、風邪だっていつの間にか良くなるじゃない。

 

身体が良くなることしかできないんだから、人生だって良くなるようにしか動かないんだよね。

 

 

亮一さんがよくこんなことを言ってます。

 

「人間みんな『どうせ死ぬ病』にかかってるのによくいろんな病気のことで騒ぐよなぁ~」

 

 

ふふふ(*‘∀‘)

不謹慎に感じます?

 

それともその通りだなーって感じました?

 

あなたは『どうせ死ぬ病』にかかってます。

これほんと。

 

さぁそれで?

どうする?

 

隠さないで。

目を背けないで。

みんなに平等に訪れるんだから。

『死』がね。

 

 

まぁそんなこと言いながら、今日も私はお醤油の値段を見比べて悩んだりするんだけどね。笑

 

 

あなたの人生があなただけにしか体験できない素晴らしいことで満たされますように。

 

ゆっきぃより。

 

 

ではまた。

f:id:yukiukix:20181025165908j:plain

エネルギーチャージ中そらさん笑

f:id:yukiukix:20181025165948j:plain

↑この上で。笑

頭じゃなくて身体だよ。思考じゃなくて感覚だよ。

 

どうしよう…。

書きたい事がありすぎてまとまらない。

 

最近は『私のコト』を書くのが楽しすぎてこっちになかなか手がつけられないのですが、書きたい事が溜まっていくばかりです。

 

↓今145話目!!

こんなに続くとは!!

(私の雄琴ソープ嬢時代の体験をできるだけ赤裸々に綴ってたりします。もし興味があればどうぞ♡)

yukiukixkix.hatenadiary.jp

 

 

さて。

ここからはじめよう。

 

先日我らがそらさんが学校から大きな封筒を持って帰ってきました。

 

「Aちゃんが(先生の立場の大人ね)お家に帰ってから開けてねって言ってたー!」

 

とそらさん。

 

なんだろう?と開けてみると…

 

じゃん!!

 

f:id:yukiukix:20181019064040j:plain

f:id:yukiukix:20181018082312j:plain

たくさんの写真と学校前期のそらさんの様子が書かれたものが!!

 

そらさんの行ってる南アルプス子どもの村学校には『成績表』というものがありません。

『数字で評価』なんてしないんですね。

 

でもその代わりに生活の様子や何をやったのかがわかるように前期、後期に一回ずつこうやって『記録』をくれるんです。

(そらさんがもらってくるまでそんなこと忘れてたけど…笑)

 

『感情的側面』

『知的側面』

『社会的側面』

の3つで構成されているそらさんの記録書。

 

おもしろかったー!(*‘∀‘)

 

例えば『知的側面』のところにこんなことが書いてありました。

 

『ことば』という項目があったんだけどね。

・ことば…ひらがな、かなづかい、カタカナ、漢字、山菜、野菜の育て方、昔の遊び、世界の家、日本の家、かいこ(育て方、生地の種類、繭の種類、)、忍者…

 

『ことば』でやったことが羅列してあります。

ひらがな、かなづかい、カタカナ、漢字…まではわかるよね。

うんうん。そうだよねって感じですよね。

 

でもその後!

山菜?野菜の育て方?それって『ことば』の項目なの?笑

 

そして『忍者』!!!笑

 

素敵すぎてのけ反った!!

 

『ことば』の項目に忍者!!

ヤバい!素敵すぎる!!

 

 

そして嬉しかったのは

 

生き生きとした絵とともに、楽しんで文章を書いている

 

 と書いてあったこと。

 

『社会的側面』では

 

・自分の気持ちを大切にし、必要なときには相手にはっきりと伝えている。

・プロジェクトやユースフルワークなど、したいしごとを自分で決めている。

選んだしごとを、きちんと仕上げようとしている。

 

 と書かれていました。

(ユースフルワークって何?ってそらさんに聞いたら「掃除だよ」と言ってました。w)

 

そしてこんなことも。

 

好奇心が旺盛で、周りをよく観察している。

新しい発見に、いつも目を輝かせている。

 

うわーーー!!

すごい!!

 

素晴しいなぁ。

 

そらさんが素晴らしいのはそうなんだけど、こんなにちゃんと見ててくれる学校の『大人』が素晴しい!!(子供の村学校では『先生』とは呼びません。『大人』と呼びます。)

 

もっとたくさん素晴らしいことが書いてあったんだけど全部書いてたら大変なので割愛。

 

そらさんにこんなことを聞いてみた。

 

ゆ「ねー。選んだしごとは最後まで仕上げようとしてるの?すごいじゃん!」

 

ちょっと前までは「疲れたからもうやめる」と家でのお手伝いの時に言っていたそらさん。

私は「最後までやりなよ!」とか言ったことない。

すぐに「疲れたならやめていいんだよー」と言ってしまう甘々な親です。笑

 

さて、そんなそらさんはなんて答える?

 

そ「うん。そらちゃんさーなんか最後までやらないと気持ち悪いんだよねぇ。でもどうしても時間がきちゃって止めなきゃいけない時もあるんだけどさぁ。なんとか最後までやらないと気持ち悪いからさぁ。いつもどうやったら最後までできるかなぁって考えてるんだぁ。」

 

おーーー!!

あなた何歳?!

そんなこと言えるの?!

すげーーー!!

 

ほんと…いい学校はいったねぇ…涙

 

そんなそらさん。

毎晩TELがかかってはくるものの、まったく泣かなくなりました。

 

そ「ママー?もう寝る時間だから切るねー。」

 

とあっさり言ってくるのです。

あの号泣の毎日はもうありません。

あの時はとても切なかったけど、あれがもうないかと思うと切なさを感じます。笑

あの「ママァーーーーーー!!!(´Д⊂ヽ」がもう聞けないかと思うと、嬉しい反面切なさがこみあげたりね。

 

f:id:yukiukix:20181018084957j:plain

えへへー!

 

 

さて。

話しは変わります。

 

先日私と亮一さんはとある場所に向かうため、電車でおでかけいたしました。

デートです。( *´艸`)

(その場所のことはおいおい。)

 

その日私は生理中だったのですが(3日目かな)、ふと駅のホームで思ったことを口にします。

 

ゆ「あのさ、私今日生理中なんだけどね。布ナプキンにしたばっかりの時はお出かけするのドキドキしてたのよ。漏れちゃうんじゃないかって。でも全然今は余裕なんだよねー。」

 

 

私が布ナプデビューしてから早半年ほど。

最初は長時間のお出かけにドキドキしておりました。

が!

今は全然よゆー。

 

(↓最初のレポこれね。)

yukiukix.hateblo.jp

 

 

り「へー!で?どうなの?布ナプキンていいと思うの?なんか効果とか感じてる?」

 

ナイス質問力!

さすが私の愛する人♡(←嫁バカなのでなんでも褒めます。)

 

ゆ「うーん…。いいよ。紙ナプ使ってた時に感じてた痒みがまるでないし。」

 

り「へー!それすごいことじゃん。快適?」

 

ゆ「うん。すごい快適。でもね、一個懸念してることがあってさ。前にちょっとしらべたことがあるんだよね。」

 

り「へー!なになに?」

 

ゆ「経血コントロールについてなんだけどさ。」

 

り「ほー」

 

経血コントロールってわかるかな?

簡単に言うとダバダバナプキンに垂れ流しにしていた経血をトイレに行くときにドバっと出すってこと。(で合ってる?簡単に言い過ぎ?笑)

これがうまくいき始めるとナプキンをほとんど汚さなくて済むって話しね。

 

私はまだまだドバっとナプキンに経血が出てしまう時が結構あって、これってどうなのかなーって思って検索してた時があるんだ。

 

 

ゆ「そしたらさ、大学病院の医学教授?みたいな女医さんが布ナプキンについて書いてる記事にいきあたってさ…」

 

り「ほー」

 

 

経血コントロールについて調べてたのに、いつの間にか大学病院のえっらい女医さんの記事にいきついた私。

ここで私は「うーん…」と唸ることになる。

 

その女医さんは布ナプの効果なんてなんもない!的なことを書いてました。

それは主に『経皮毒』についてのことだったんですが。

 

経皮毒についてはこれがわかりやすいかなぁ。↓)

結局、経皮毒ってどうなの?根拠と信ぴょう性は?肌に化学物資が吸収する経皮毒について

 

ゆ「その女医さんは布ナプにしたってたいした効果はない!って書いてるんだよね。

経皮毒なんてありゃしない!的な書き方でさ。それを読んでなんかむむむーってなったんだけどさあ…」

 

り「うんうん。どこに?どう思ったの?」

 

ゆ「うん。なんか…この『えっらい女医さん』がこういうこと言うとまた惑わされる人がいるんじゃないかって思ったんだ。」

 

り「うんうん。わかる。」

 

ゆ「それはさ、経皮毒があるとかないとかの話じゃなくて、また頭で考えてしまうんじゃないかって。」

 

り「うんうん。わかる。」

 

ゆ「経血コントロールだってそうなんだけど、私はただどんな意見があるのかなー?程度で調べてるんだけどさ。そんなの出来ても出来なくってもほんとはどうでもよくてね。

ま、できた方が『すごいでしょー?!』って自慢できるから出来る様になりたいんだけどさ。笑」

 

り「そりゃそうだな。」

(そりゃそうか?)

 

ゆ「経皮毒もあるとかないとかじゃなくてさ、」

 

り「うん。」

 

ゆ「自分が心地良いかどうかが一番大切だと思うんだよね。」

 

り「そうだよねーー!そう思う。わかる。」

 

 

布ナプを使ってみて、もちろん効果効能的なことがあるほうがいいし、期待しないわけない。

経皮毒の話しだってほんとはどうなのかなーって思うよ。

でもさ、ほんとに大切なのは「使ってみて心地よいと感じるかどうか」だと思うんだよね。

 

 

その観点、持ってますか?

 

私は長らくその観点を持ち合わせていなかったので、取り戻すのに時間がかかりました。

摂食障害だったし、自分を責めていたし、頭の中が常に忙しかったから。

感覚を取り戻すのに時間がかかったんだ。

 

いや、『感じていいんだ』と許可を降ろすのに時間がかかったっていったらいいのかな。

 

ちゃんとゴハン味わってる?

美味しいって感じてる?

不味いってどういうこと?

しょっぱい?

甘い?

辛い?

それはどれくらい?

 

今気持ちいい?

気持ち悪い?

気持ち悪いってどんな感じ?

 

貴方のカラダは今どう感じているんだろう?

 

頭の中が忙しいと感覚が鈍るよ。

ほんとは素晴らしい感覚を持ち合わせてるのに。

 

 

「ここのエネルギーはすごいよ!」と私が言うとこんなことを言う人がいる。

 

「私、そういうの鈍感で感じない人だから…」

 

それほんと?

ほんとのことなの?

 

感じ方忘れちゃっただけでしょ?

もしくは無意識に感じないようにしてただけでしょ?

それか「私なんて…」みたいな気持ちが入ってるんじゃない?

 

カラダってすごいんだから。

だってなんで心臓が動いてるのか誰も知らないんだよ。

血液って誰も作れないんだよ。

うんちって人口で作れないんだよ。

 

それ、貴方のカラダの中にあるんだよ。

 

 

数日前、パワースポットルームの襖の貼り直しをやったんだ。

f:id:yukiukix:20181018093421j:plain

 綺麗でしょ?えへへ。

 

前はボロボロだったのよー!

だからこれを直さなきゃ人を呼べないって思ってね。

 

その襖張りがすっごい楽しくてさ。

(襖をよーく見るのは禁止です笑よく見るとあの…その…)

 

で、ここに座って何か書いたりしてるのよ。

f:id:yukiukix:20181018093639j:plain

まだテーブルないから椅子にパソコンおいてる。笑

 

気持ちいいんだ。

とっても。

 

家から一歩も出たくないくらい気持ちいいの。

 

そろそろ「家に来ませんかー?」ってアナウンスしたいんだけど、来る?

来てみる?

 

自分の感覚試してみませんか?

そして感覚を取り戻す体験、一緒にしませんか?

 

 

f:id:yukiukix:20181018093955j:plain

写真暗くてごめんなさいね。笑

 

こちら私の友人が体験してるとこ。

 

「なんか…くる…なんか突き抜ける感じ…ゾワゾワ感じる…合ってる?」

 

そう!

合ってる合ってる!

 

というか、合ってるも何も、感じてみることがとっても重要。

貴方のカラダはいつも何かを感じていて、いつも何かのサインを出してるんだから。

 

 

今日一日何を感じてるかな。

心地よい?気分悪い?

どこが?どのくらい?

 

一緒に瞑想したり、ゴハンをちゃんと味わってみたり、自分の気持ちを細かく見ていったり…そんなことをこの場でできたらいいなぁと思っています。

 

興味ある?

 

もうちょっと待っててね。

 

そらさんは今日も全身で感じてるんだろうなぁ。

f:id:yukiukix:20181018094636j:plain

鼻くそほじってる図です。

いつも全身で生きてます!!笑

 

 

ではまた。

あなたの欲しているものはなんですか?あなたはあなたの欲しているものが何かを知っていますか?

 

もう何年も思っていることを急に綴りたくなって今これを書いています。

何年か前の私が読みたかったことだと思うし、きっと誰かに響くはず。

(誰にも響かなくてもいいんだけどね。)

 

 

 

今まで「愛されたいんです」と言う人に何人も会った。

男性も女性も含めて何人もの「愛されたい」という人の話しを聞いた。

 

ここ最近も「私愛されたいんです」と言っている女性数名と話す機会に恵まれた。

 

わかるよ。

気持ちわかる。

 

でも毎回私はこう思うんだ。

 

 

そんな君は『愛』ってなんなのか知ってるのかい?

 

って。

 (私が『愛』を知っているわけじゃないからね。間違えないでね。笑)

 

 

それは欲しがるものなのかな?

誰かが持ってるの?

くれるものなの?

してくれることなのかな?

 

「愛されたい」と願うなら、その『愛』とはなんだろう?と考えるのが先なんじゃないのかな。

自分の欲している『愛』とやらを「それはなんだろう?」と注目するのが先なんじゃないかと思うんだ。

そして私はそれをなんで欲しいと思うんだろう?と見てみるのが先なんじゃないかなぁと。

 

 

 

「私、満たされてないんです。だから満たされたいんです。」という女性に何人も出会った。

そして話しを聞いた。

 

わかる。

うん。

わかるよ。

 

でもその時私は思う。

 

 

『満たされる』ってどういうことか知ってるのかい?

 

 

って。

 

どこが満たされたいの?

心?

じゃあ心ってなんだろう?

カラダ?

カラダが満たされるってどういう状態なんだろう?

 

一体全体どこが、あなたのどこがまだ満たされてないんだろう?

 

誰かが満たせるものなの?

お金で満たせる?

物?

SEX?

欲しているのはそれ?

 

何に満たされたいんだろう?

どうやったら満たされた状態になるんだろう?

 

『満たされたい』と願うなら、『満たされる』ってどういうことなんだろう?と考えるのが先なんじゃないかな。

どこが?何で?どうなったら『満たされる』と思う?

 

 

 

『とにかく安定したいんです』と言う人にたくさん出会った。

男性も女性もそういう人にたくさん話しを聞いた。

 

わかる。

すごくわかるよ。うん。

 

 

でもその時私はこう思う。

 

 

『安定』ってなんだかわかってるのかな?

 

って。

 

どこを安定させたいの?

何がどうなったら『安定』?

一生続く『安定』ってどうやったら得られると思う?

そもそも一生続く『安定』なんてあるのかな?

 

どうなったら『安定』なんだと思う?

 

『安定したい』と願うならその『安定』とはなんだろう?と考えるのが先なんじゃないのかな。

どうなったら『安定』?

どこがどうなったら『安定した』って感じられる?

そもそもどうして『安定したい』と思ったの?

 

 

 

自分の欲しているものの正体、知ってる?

 

曖昧な、どこかの誰かの受け売りのような言葉で自分の欲しているものを乱暴に扱わないで欲しいんだ。

それは自分に対しての冒涜だ。

 

あなたが欲しているもののほんとの正体ってなんだろう?

 

『愛』

『満たされ感』

『安定』

 

言葉で言うのは簡単よ。

よく使われてる言葉だし、だいたいのニュアンスは伝わるから。

 

でもその中身をあなたは知っていて使っているのかな?

 

外側に求めてもいいよ。

たくさん求めたらいいと思う。

「くれー!くれー!」って言ってみてもいいと思う。

 

でも求めてみて「やっぱり違う」「これじゃない」と感じたならば、もっとその正体を見てみよう。

 

「これあなたが欲しがってたものでしょ?私(俺)持ってるからあげる!」と言ってきた人がいたら「おーそうかもしれない」と受け取ってみてもいいと思う。

 

でも受け取ってみて「これは違う」と感じたなら、ちゃんと「これじゃなかった。でもありがとう」と言ってお返ししよう。

そしてまたその正体を見ていこう。

 

あなたが欲しているものの正体を知っていくのがあなたの人生だと思うよ。

 

その欲しているものはどこにある?

そしてその正体はなんだろう?

 

 

またあなたとそんな話しがしたいな。

リラックスしてね。

 

 

 

ではまた。

すごいんです!!~藤山家からご報告~

 

こんにちわ!

台風の時寝込み野郎のゆっきぃです!

 

ここ何年も低気圧の影響で悩まされていました。

台風なんてほんとに最悪で、前にも書いたけど『上陸する』とか関係なく、沖縄のずっと向こうで台風が発生しただけでわかってしまうという身体だったワタクシ。

 

頭痛、肩と首の痛み、ほんっとにひどい倦怠感、時に眩暈、時に吐き気…

そんな症状がでてしまい、とにかく寝込んでいました。

なんとか出かけられたとしても、人ごみなんかに出くわしてしまったらさぁ大変。

「…もう…ダメだ…」となってしまうへなちょこっぷり。

 

なんとも表現しがたい症状で、マジで「もういっそ殺してくれ!」って思っちゃうくらいだったんだ。

 

今台風過ぎて行ってるとこですよね?!

日本海側のほうにびゅーって過ぎて行ってますよね?

 

数日前から「来てるんだよなぁ…」と心配してたんです。

そして起きた時にすこーしだけ頭が痛くて「んー…やっぱ頭痛いなぁ…」なんて思ってたんです。

 

でもそれだけ。

 

いつ?

いつ症状出る?

あれ?

大丈夫だ。

あれ?

頭も痛くないぞ…

あれ?

今回の台風そんなに強くない?

え?デカい?

 

あれ?

あれ?

 

あれーーーーーー???

 

 

そう。

 

ぜんっぜん元気なんです!!!

 

 

あれだけ悩まされていたあの症状が出ないの!!

 

すごくないですか?

 

もちろん「いつかはこの症状も軽くなったらいいなぁ…」とは思ってたんですよ。

でもさ、こんなに早く快適になるなんて!!

私、もう台風寝込み野郎じゃなくなったのね!!

 

いやぁ…

ほんとにすごいっす。

 

絶対これのお陰だよね?↓

yukiukix.hateblo.jp

 

まだまだ自分の身体で検証中ですが結構すごいと思いますよ。

 

ということで、今回の台風はほっとんど私の身体に影響は与えなかった!という報告をさせて頂きます!!

 

いやぁ…

ほんとにこれは喜ばしいことです。

私の人生をかなり左右することですから。

 

体験してみたい!と思っている方、しばし楽しみにお待ちください!!

(ここで瞑想するとすごいよ。)

f:id:yukiukix:20180922150412j:plain

 

 

あ、そらさん元気ですよ。

(一部のそらさんファンの為に一枚。)

f:id:yukiukix:20181007081122j:plain

抱かれている猫(夏♀1歳)が迷惑そうなのは気のせいです。笑

 

 

さて。

今日はこれからどうぶつえーん!!

 

行ってきまーす!!