藤山家においでよ

藤山家ってこんなとこです。

台風と私と亮一さんとそらさん。

 

今回の台風はほんとにすごかった。

 

関西方面はほんとにすごい被害のようでびっくり。

私はふだんほとんどテレビを観ないので(ネットニュースもほとんど見ない…)よくわかっていないのですが世の中大変なことになっているようで…

 

今朝起きて、さっきフェイスブックをチラチラとみていたら北海道の情報が。

 

なにこれ。

 

なんか日本が大変なことになってる。

 

 

 

今回の台風はほんとにすごくて、私史上最高のひどさでした。

この昨日までの3日間はほんとに大変で…(-_-)

 

動けないくせにジッとしてても辛いもんだからウロウロしたり、なんとかこの辛さをごまかせないかと飲んでしまったレモンチューハイのせいでゲーゲー吐くわ、全身の倦怠感が酷すぎて泣けてくるし、「もう死んでやろうか」と何度も思った。

(レモンチューハイのくだりはほんとに自分でもアホだと思う。けど、ほんとになんとか逃れたくなるのよー。)

 

はぁ…。

 

なんとか復活です。

 

 

さて。

そらさんは9月3日から新学期が始まりまして、また山梨と横浜を行ったり来たりの生活がスタートしました。

長い夏休み、ずっと私たちと一緒にいたそらさん。

せっかく慣れてきた(泣かなくなっていた)学校&寮生活だったのに、また号泣の毎日に逆戻りしてしまうんじゃないか?と懸念していたの私たち夫婦。

 

9月2日、明日から新学期!の前日。

お昼過ぎごろ、そらさんが変な顔をしているのを発見しました。

 

ゆ「そらちゃん?どうした?」

 

そ「う…そらちゃん…やっぱり寮やだ…」

 

きたーー!!

 

目にいっぱい涙を浮かべているそらさん。

 

ゆ「そうかぁ…。泣いていいんだよ。泣きなー。」

 

頑張って我慢しているそらさん。

私のこの言葉でおいおいと泣き始めました。

 

そ「うぇ…うぇ…やっぱり寮やだぁー…うえーーん!」

 

うーー…

やっぱりきたか…

 

ちょっと出かけていた亮一さんが帰って来てその様子を見て驚きます。

 

り「え?!なに?!どうしたの?!」

 

亮一さんにかけより、抱き着いてうえうえ泣くそらさん。

 

ゆ「やっぱり寮やだって急に泣きだしてさぁ。」

 

苦笑いで報告するワタクシ。

 

り「そうかぁ…。そうだよなぁ。でもさ、最初だけだよ。すぐに楽しくなっちゃうよ。大丈夫。だいじょうぶだよぉー。」

 

優しく背中をさする亮一さん。

 

私はこの後施術の予約が入っていたので亮一さんにお願いしてそらさんと出掛けてもらいました。

 

そ「ママ…うぇ…行ってきます…」

 

涙を拭きながら出かけて行くそらさん。

 

ゆ「うん。楽しんできてー!」

 

極力明るく言う私。

 

 

お出かけから帰ってきたそらさんは超ご機嫌でケラケラと笑っていました。

 

り「もう出かけたらすっかり元気になったよ。ちょっと緊張してるだけだね。」

 

亮一さんが私にそう報告してくれました。

 

ご機嫌な夕飯をみんなで食べ、就寝の時間。

 

そ「おやすみー。」

 

り「うん。おやすみぃ。そら、明日から絶対楽しいからねぇ。」

 

そ「うん。そうだね。」

 

ゆ「うん。おやすみぃ。」

 

みんなでお休みのちゅう💋をして、穏やかな空気でお布団に入る。

 

はぁ、やれやれ。

 

…と思っていたその時。

 

 

そ「うぅ…ママ…そらちゃんやっぱり寮やだ…うえ…うぅ…」

 

…きたか…

 

ゆ「そうかぁ。泣きな。いっぱい泣きな。緊張しちゃうよねぇ。もう長い事寮に行ってないもんねえん。ちょっと緊張しちゃうよねえ。」

 

私がそう言うとそらさんは大きな目から大粒の涙をぽろぽろと流しました。

 

そ「だってさ、みんないじわるするし、MちゃんとかTくんとかみんなそらちゃんの悪口言うし、それにさ…うぅ…うわーん!」

 

この『みんないじわるする』とか『みんな悪口言う』はほとんど信憑性のないものなので安心してください。笑

 

ゆ「そうかぁ。でもさ『みんな』は違うでしょ?優しい子もいるでしょ?」

 

そ「そうかもしれないけど、うえ、そらちゃんのこと、うぇ、いろんな子が悪く言うもん…うぇ、うぇ…」

 

ゆ「そうなんだ…。でもさ、しばらく行ってないからちょっと緊張してるだけだよ。楽しいって言ってたじゃん。楽しいこともたくさんあるでしょ?」

 

そ「うん…でもお家がいいーー!パパとママといつもいっしょに居たいもん…うえーん!」

 

そりゃどうもありがとう…

そうだよねぇ。

でもさぁ…

絶対すぐに「寮のがいい!」って言い出すのわかってるんだよなぁ…

 

そんなこんなのやりとりがありまして、なんとかそらさんの気持ちを涙と共に吐き出させたら落ち着いたようで…

 

そ「ママ…おやすみ。そらちゃん明日も泣くかもしれないけど…」

 

と、なりまして

 

ゆ「うん。泣けばいいじゃん。ママも泣くかもー。」

 

と言い合って無事眠りにつきました。

 

そして次の日。

そらちゃんがどんな顔をしていたかといいますと…

 

f:id:yukiukix:20180906101353j:plain

 

めっちゃ笑ってるやないかーーい!!

(写真ブレブレですけど。)

 

 

「そらちゃん全然泣いてないねぇ。」と自分でおっしゃっておりました。笑

 

車中ケラケラと余裕で笑っているそらさん

学校が近づくにつれ、テンションがどんどん上がってくるのです。

 

「じゃーねー!行ってきまーす!!」

 

元気に言いながらクラフトセンターのお部屋に入っていくそらさん。

 

「いってらっしゃーい!」

 

私と亮一さんも元気に見送ります。

 

 

り「はぁ。さて。また始まりますなぁ。」

 

ゆ「そうですなぁ。ま、楽しみましょう。」

 

り「そうだね。この時間も楽しいよね。」

 

ゆ「うん。楽しいよね。」

 

車に戻って夫婦二人で交わした会話。

 

 

昨日の夜、そらさんからかかってきたTELは元気な笑い声が響いてました。

 

「あはははは!後ろからTがくすぐるんだよぉー。あははは!」

 

笑っちゃって話なんかできない様子でした。( *´艸`)

 

はぁ…よかった。

 

台風で撃沈したけど、それを理解してくれる亮一さんがいてそらさんが楽しそうに笑ってる。

 

そんな9月のはじまりを迎えている藤山家です。

 

 

再来週はいよいよ藤山家が…ごにょごにょ…に変身する予定。( *´艸`)

うー楽しみ!

 

早くここにも書きたいなー。

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

施術やリーディング、ゴハンのことや藤山家に遊びに来たいー!などなど…

いろいろなお問合せはこちらから気軽にどうぞ。

質問もお気軽にどうぞー。

 お問い合せ:メールフォーム