藤山家においでよ

藤山家ってこんなとこです。

そらさんがどんどんおねえさんになってる。の話し。

 

一昨日。

私はそらさんに「ねー、そらぁ~。ジュース買ってよぉ~。」とおねだりした。

そらさんは「え?まぁいいけど。」と言って自分のお財布からお金を出して自動販売機でジュースを買ってくれた。

 

「ママ、どれがいいの?」

 

そう聞きながら。

 

f:id:yukiukix:20180716084747j:plain

これ、買ってもらった。(*‘∀‘)

初めて娘におごってもらった。

 

なんか嬉しかったんだ。

 

「もー、ママはしょうがないなぁ~(*‘∀‘)」と言いながら買ってくれるそらさんを見て、なんか嬉しかったんだ。

 

 

 

土曜日の夕方から私の大切なお友達2人が子供を連れて泊まりに来てくれた。

 

もう何回か泊まりに来てくれてる友人たち。

いつも喜んでくれるから嬉しいんだ。

 

f:id:yukiukix:20180716085139j:plain

まだ5か月の赤ちゃんとそらさん。そらさんがデカい!!

 

f:id:yukiukix:20180716085232j:plain

マジクソ可愛い!!(←言葉が悪い!)

 

f:id:yukiukix:20180716085328j:plain

2歳の子を膝の上に乗せて遊ぶ。楽しそう!

f:id:yukiukix:20180716085421j:plain

子ども達にめちゃくちゃにされた寝室で寝てしまう亮一さんの隣で、なぜかヘッドホンをつけて動画を見てる5歳男児。笑 カオス。

 

 

この二日間、そらさんは見事におねえさんだった。

声のかけ方、おもちゃの譲り方、手加減の仕方…

もちろんケンカっぽくなってしまうこともあったけど、なんとかお互いで収めようと子どもながらにやっている。

 

遊びにきてくれた子どもたちが、めっちゃ穏やかないい子たちだったからっていうのもあるけどね。

 

小学校に入って、そらさんはどんどんおねえさんになっているように感じる。

子ども達だけでなんとかしようと毎日頑張っているんだろうなぁとなんとなく感じたんだ。

 

 

そうそう。

先日そらさんがこんなことを教えてくれました。

 

「そらちゃんね、寮でファッションショーするんだ!!」

 

ちょうニコニコしながら話すそらさん。

 

ゆ「へーー!みんなで?お洋服何回も着替えて?」

 

私は持ってきたお洋服を着て見せ合いっこするもんだと思って聞いてみた。

 

そ「ううん。そうじゃないの。」

 

そうじゃない?

どういうこと?

 

そ「裸でやるの!!あははは!」

 

ゆ「え?!裸で?!パンツでってこと?」

 

そ「うん!そう!あははは!」

 

ゆ「え?女の子だけで?男の子も一緒に?」

 

私がそう聞くと、そらさんはちょっと怒りました。

 

そ「男の子に見られないように部屋でやるんだよぉー。一緒にやるわけないじゃん!」

 

へー…

そうなんだぁー( *´艸`)

 

そ「こうやってね、パンツで歩くの。あははは!」

 

そらさんはモデルさんのようにクネクネと歩いた。

 

ゆ「あはははは!なにそれ!!めっちゃ面白そうじゃん!」

 

そ「うん!そらちゃんね、パンツ脱いでお尻丸出しでこうやってぷりぷり歩いたんだー!」

 

あはははは!

めっちゃウケる!!

 

ゆ「ウケた?みんな笑った?」

 

そ「うん!めっちゃウケた!!あははは!」

 

いーねぇー。

うんうん。

いーよぉー。

 

そらさんが寮で楽しんでる様子が浮かびます。

お尻丸出しで。笑

 

そ「Bちゃんがね、あははは、○✖▽♂♀□でね、あははは…」

 

また笑っちゃって何言ってるかわからなくなってる。笑

 

そうそう。

これよ。

これこれ。

 

そらさんがそらさんの世界を生きる。

そしてそれを話してくれる喜び。

 

すごいな。

 

お友達の子供が泊まりに来てくれたからこそわかったそらさんの成長。

家でその姿が見られてよかった。

(泊まりにきてくれてありがとね。)

 

 

f:id:yukiukix:20180716090952j:plain

 

毎週学校からの帰りは車で爆睡してしまうそらさん。

(ついでに亮一さんも爆睡してますけど。笑)

 

毎日一生懸命なんだろうね。

 

どんどん成長しています。

そしてどんどんいい顔になっていってます。

亮一さんも年々良いお顔になっていってます。

 

私ももっといい顔になっていきたいとそらさんと亮一さんを見て思うんだ。

 

さ!

 

暑いけど掃除でもしますか。

 

 

ではまた。