藤山家においでよ

藤山家ってこんなとこです。

赤ちゃんはすごい。

 

先月。

私の姪っ子が赤ちゃんを産んだ。

(10歳年の離れた私の姉の娘。今25歳。めっちゃ可愛い。←叔母ばか。笑)

 

 

予定日よりも一ヶ月も早く生まれてきてしまったその赤ちゃんは、大人の心配をよそにすくすくと大きくなった。

先日3週間のNICUでの生活を終え、無事に退院してきた。

(破水してしまって緊急帝王切開だったのです。)

 

 

名前は「大地」。

 

こないだの土曜日、姉の家にそらさんを連れて会いに行ってきた。

 

 

じゃん!

f:id:yukiukix:20180713091027j:plain

 

か、かわいいーーー!!(*‘∀‘)

 

そらさんの抱っこが思いのほかうまくてびっくり!!

 

 

私の母親は「ひぃばぁちゃん」になりました。

 

f:id:yukiukix:20180713091204j:plain

 

この嬉しそうな顔!!

 

 

そして私の姉が「おばあちゃん」になりました。

f:id:yukiukix:20180713091416j:plain

左から姪っ子、姉、母親。そしてニューフェイスの大地。

 

母親も姉も義兄も甥っ子もみーーーーんなほんっとに幸せそうな顔をして笑ってました。

 

そらさんと美心さん(私の兄の子。7歳。そらさんとめっちゃ仲良し。)も大地をすっごく可愛がって何回も抱っこしてました。

 

大地を囲んでみんなが「かわいー!」「可愛いねぇ♡」と言い合う。

そして笑い合う。

 

お風呂に入れる時なんてみんながワタワタと動く。

 

 

「うんちしたー!」「お洋服は?大丈夫?」「泣いたよー!」

「ミルクだねー。」「これじゃ着せ過ぎで暑いんじゃない?」

「首のとこにゴミがたまるんだよねぇ。」「白湯って飲ませるもんなの?」

「予防注射がさー…」「おむつかぶれとか気をつけないと…」

 

 

大地は小さな体で眠ってるだけなのに、ちょっと泣いただけで大人を何人も動かす。

小さな小さな身体の大地がただそこにいるだけで、周りの大人はニコニコとしてしまう。

 

改めて思う。

 

赤ちゃんはすごい。

 

そして元々みんな、そのすごい赤ちゃんだったんだ。

 

私も何人もの大人を動かしてしまっていたんだ。

たくさんの大人のかいがいしいお世話を経て、そしてたくさんの大人を笑顔にして、ここまできたんだ。

 

こうやって今生きてるってことは「愛されてる」ってことなんだな。

そして「人を幸せにしてきた」ってことなんだな。

 

そんなことを思った。

 

 

今こうやって生きてるってだけで「愛されてる」んだよ。

そしてみんな「人を幸せにしてる」んだよ。

 

生まれたばかりの大地を見て、そんなことを思ったのです。

 

だからこのままで進もう。

何も足りないものなんてないんだ。

「足りない」と思うことをも与えられてるんだ。

 

今日も私は真面目に「足りない」と思う気持ちを感じます。

「こんな私なんて」と思ってしまう時間を味わいます。

 

 

ふふふ。

クサいこと書いちゃった。(;'∀')

えへ。

 

 

生まれてくれてありがとう。

 

 

ではまた。