藤山家においでよ

藤山家ってこんなとこです。

藤山亮一さんと藤山空先生とワタクシ② ~『家族』という名前の付いたチーム紹介~空先生編

 みなさんおはようございます!

 

今日はワタクシの愛する、尊敬する、この方のご紹介です!

 

 じゃん!!!

f:id:yukiukix:20170413110440j:plain

かわいい!!

 (家のごちゃごちゃは見ないようにお願いします!)

 

空先生!です!!

 

このお姿。

私の大好物のお姿です。

 

空先生は私の“娘”ですが、心から尊敬いたしております。

現在5歳。

6月に6歳になります。

幼稚園の年長さん。

 

いつもは“そらさん”や“そらちゃん”と呼んでいるので、ここからはそう呼ぶことにします。

 

まずはそらさんの作品たちを見ていただきましょう。

 

f:id:yukiukix:20170413110420j:plain

まずはこちら!

 

珠玉の一品!!!

 

そら先生作、段ボール製の『テレビ』です!

もちろんリモコン付き!(ネコのにゃんぴーがテレビを見ています。)

なんと!

この一番組しか見られないという優れもの。

『デラックスマン(そら先生命名)』という正義の味方が怪獣を倒しています!

『デラックスマン』なのに胸には『A』の文字がっ!!

斬新っ!!

 

お次はこちらの3作品!

f:id:yukiukix:20170409134926j:plain

f:id:yukiukix:20170409135001j:plain

f:id:yukiukix:20170409134949j:plain

 

そら画伯による、ドラえもんのび太くん、スネ夫です!!

スネ夫のクオリティ!!驚愕!!

 

さて。

そら先生は絵が素晴らしいだけではありません。

 

お料理に対する興味も素晴らしいんです。

f:id:yukiukix:20170429114355j:plain

 こちら、おにぎりを握っている図。

f:id:yukiukix:20170505081331j:plain

 完成品。

素晴らしい!!ぐちゃぐちゃ感が斬新です!

 

f:id:yukiukix:20170505081615j:plain

f:id:yukiukix:20170505081710j:plain

絹さやの筋とり!髪の乱れが主婦感を醸し出しております。

 

f:id:yukiukix:20170505081714j:plain

卵を手際よく混ぜております。

f:id:yukiukix:20170505081803j:plain

f:id:yukiukix:20170505081806j:plain

こちらは生きくらげの細切りに挑戦している図。素晴らしい!!

見ている方は怖くて仕方がありません。

 

そしてこちら!!

f:id:yukiukix:20170505081821j:plain

昨日、初めてイカを捌いてみましたーー!

嬉しそうです。

 

f:id:yukiukix:20170505081836j:plain

イカのハラワタを抜いております!

f:id:yukiukix:20170505081845j:plain

 皮むきも素晴らしかった!!

 

 

そらさんはこういう初めてのコトに挑むとき、ちゃんとこちらの説明を聞きます。

「うん。うん。わかった!」ときちんと聞いてから挑みます。

 

そういう姿をみると「落ち着いた5歳児だなぁ~」と感心してしまうのです。

親ばかフィルターもだいぶかかってはいると思うのですが、なかなかな奴なんじゃないかといつも思います。

 

 

私はそらさんが生まれてから、教えられたことがたくさんあります。

でも、教えて頂いたことで一番重要だったこと(と思える)は

 

『あきらめる』

 

ということ。

 

この言葉だとネガティブに聞こえてしまうかな。

 

違う言葉で表すなら

 

『手放す』

 

かな。

 

そらさんを育てさせて頂いている過程で

いろんな“思い込み”を手放せた、あきらめられた、気がするのです。

 

『~ねばならない』『~でなければいけない』『~をやらなければ』

 

私が強固に握りしめている、くだらない思い込みをことごとく裏切ってくれました。笑

 

そらさん自身は赤ちゃんのころから、いわゆる“とても育てやすい子”だったにも関わらず(寝かしつけに苦労したことはほとんどなく、夜泣きの経験もありません。)

私の“ねばならない”がたくさんあったばっかりに勝手に苦労してたりしました。

 

そんな時、亮一さんはいつもこう言っておりました。

 

「そらはママに“あきらめる”を教えにきたんだねぇ」

 

ほんとにそのとおり。

 

なかなか私にとっては“あきらめる”は難しいことではあったけど、

ちょっとずつちょっとずつ、握りしめた手を開かせてくれたのです。

 

そらさんは私の“娘”という立場ですが、私にとっては“尊敬する人”です。

 

もちろんまだ5歳なので、身体が小さいがゆえにまだできないことがあったりします。

やり方を知らないこともたくさんあります。

 

そんな時、少しだけ私たちがお手伝いさせてもらう。

そんな感じ。

 

そら先生を見ていると、私たち“親”という立場の存在が“教えること”なんてほとんどない気がします。

 

“所有物化”はしたくない。

できるだけ“制限”はかけたくない。(お菓子の制限はかけます。笑)

 

すべて対等。

 

チームです。

 

怒って押さえつけるのはやだ。

話し合いをもとう。

間違ったことをしたと思ったら素直に謝ろう。

私の気持ちを素直に伝えよう。

そらさんの気持ちもとことん聞こう。

 

そんなことを思っております。

 

 

 

そんなそらさん。

 

先日、私のお友達が“相談事”をもって家にまいりました。

その席で放った言葉が5歳児とは思えなかったので載せておきます。

 

「そらちゃん、Yちゃんが悩んでるんだってー。聞いてあげて。」

 

とワタクシ。

 

「うん、いいよ。Yちゃんどうしたの?なに悩んでるの?」

「かくかくしかじかでさー。どうしたらいいと思う?」

「そういう時はさ、とりあえずやってみるしかないんじゃない?」

 

うわっ!!

すげーー!!

いわれちゃったよーーー!!

 

と、Yちゃんは悶絶しておりました。

 

そら先生…

 

やるな。

 

その後。

また違う話をしていたワタクシとYちゃん。

 

そんな時そら先生はこう言いました。

 

「まぁさ、運命は変えられないからさ。」

 

うひょーーー!!

 

私はそんなことを言ったことは一度もありません。

亮一さんもそんなことは言いません。

 

そら先生はすごいです。

 

そんなそらさんも一緒に高知県までの道のりを旅します。

 

会いたくありませんか?笑

 

まだご連絡お待ちしてますよ。

 

藤山亮一さんのご紹介はこちら♡

 藤山亮一さんと藤山空先生とワタクシ ~『家族』という名前の付いたチーム紹介~ - 藤山家においでよ

 

貴方に出会う旅

のブログはこちら♡

yukiukix.hateblo.jp

 

気楽にご連絡下さったら嬉しいです。

嬉しくて踊ります。

 

ではまた。