読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤山家においでよ

藤山家ってこんなとこです。

この一か月半の苦しみと今の私

2月の後半から徐々に徐々に、少しずつふかーい闇に入り込んでいったワタクシ。

 

始まりはたいしたことなかったんです。

 

まぁいつものコトだなぁ~くらいな感じ。

 

体調が回復したら少し楽になった。

うんうん。

このまま楽になっていくよねぇ~みたいな。

 

でも。

 

あれ?

胸のざわつきは続いてる。

 

ざわざわざわざわ。

 

時にはぎゅーーーっと締め付けられるような感じまで。

 

そうだ!

なんか行動をおこそう!

このざわつきを否定せず受け入れるんだ。

このざわつきがありながらも開き直って行動を起こすんだ!

 

坂爪さんに連絡をしてみよう。

今までの私だったやらないようなことだ。

うんうん。

この状態を誰かにさらけ出すんだ。

坂爪さんにこの状態をこのまま見ていただこう。

 

ん?

涙が止まらない。

これは号泣パターンだ。

 

もうとことん号泣してやれ!

『もう降参!!もうこうさーん!!うわぁーーーー!!』

 

頭が痛くなるまで泣いた。

 

そしたら…

 

あれ?

割とすっきりしてる!

やった!!

号泣したら抜けた!!

 

やったやったーーー!

 

坂爪さんにはこのままを正直に話した。

 

『でも、号泣できて、そして抜け出せたみたいでよかったですね!』

『はい!ほんとよかったです!』

 

そんなやりとりをして、そこから2日くらいは割とよかった。

 

 

でも…

あれ?

 

何かがおかしい。

朝起きると同時に胸がざわつき始める。

胸のぎゅーーも戻って来てしまった。

 

いや、戻ってきたなんてもんじゃない。

ひどくなってる。

 

もうそこからはどんどんひどくなる一方だった。

胸のざわつき、居心地の悪さ、胸の締め付け、急にこみ上げてくる涙、

詰まる喉…

溜息が止まらない。

 

視界が狭く、世界の色もくすんでいる。

何を見ても何をしてみても落ち着かず、ただ居心地の悪い無為な時間だけが過ぎていく。

 

そらさんと一緒にいる時間は一瞬その世界から離れることが…

…できるような気がした。

でも実際は離れることなんかできてないし、逃れられてもいない。

 

重くのしかかる“何か”。

 

毎日が重く、辛い。

 

朝目を覚ますと『はぁ…今日も朝が来てしまった…』と落胆する。

体が重い。

何もしたくない。

どこにも行きたくない。

誰とも会いたくない。

 

もう…

 

このまま消えてなくなってしまいたい。

私がいなくなったらどうなるんだろう?

自殺でも謀ったらどうなるかな…

 

きっとどうにもならないんだろうな。

そらさんはそらさんで強く生きていくだろうし、亮一さんはもともと私がいてもいなくても大丈夫な人だし、私の両親は悲しむだろうけど、別に今だって一緒にいるわけじゃないんだから忘れていくだろうし…

 

そうか。

私が消えてなくなっても誰も困らないんだ。

そうか。そうか。

 

こんなコトを本気で考えてたのです。

 

でも自殺する勇気は、ない。

そらさんと一緒にいれば楽しい気もするし、そらさんは超絶かわいい。

亮一さんからTELやスカイプで連絡がくれば嬉しい。

 

でも。

苦しい。辛い。涙がどんどん出る。

 

私はこのままどうなってしまうんだろう?

誰か!助けて!!

 

そんな時、どかーんともう一歩深いところに落ちていきました。

 

私は気づくと夜中に一人で“神”という存在に心の底からの

怒りをぶつけていました。

 

「もーーーーーーーう!!!!いい加減にしてくれっ!!!!

これは一体なんなんだよっ!!!消えたくても消えることが許されない、逃れられない“コレ”は一体なんなんだよっ!おいっ!!答えろよ!!!いい加減にしてくれっ!!

もう何度も降参!って言ってんじゃねーかよ!もう…勘弁してくれよ…いい加減にしてくれよ…ふざけんなーーーーー!!!」

 

私は悪態をつけるだけついて大泣きした。

文句を言い続けわんわん泣き続けた。

床に仰向けで寝っ転がり、わんわん泣きながら拳で床をどんどんと叩く。

悪態をつきながら、どうにもならない憤りをなんとかしたくて

床をどんどんと叩きつける。

 

お陰で私の左手の小指側は痣ができ、ひどく腫れた。

 

 

この“私”という現れは一体なんなのか。

この逃れようのない“コレ”はなんなんだ。

 

ただただ無力で無為。

コントロール不可能。

 

今までだって“私”が選択していたようで、実は何も選択なんてしていなかったんだ。

 この湧いてくるどうしようもない感情だって一回もコントロールできたことがない。

ただただ湧いてくるものなんだ。

 

なんだ。

そうか。

 

今までそんなこと知ってるって思ってた。

そんなこと“私”知ってるよって思ってた。

 

全然わかってなかったんだ。

 

いつまでもいつまでも“人目”を気にしてる“私”。

“人からどう思われるか”が怖くてたまらない“私”。

“亮一さんから嫌われる”のが怖くて怖くてたまらない“私”。

 

これもすべて湧いてくるものなんだ。

“私”に責任はなにも、全くなにも、ない。

反省なんてする必要はない。

反省は“起こる”もの。

“する”ものではない。

 

“嫌われるのが怖い”も起こるもの。

“人目を気にする”もこの世界に“立ち上がる”もの。

 

あぁ…

そういうことなんだ…

 

“私”なんて、一個人の“私”なんてほんとはいないんだ。

 

無力で無為。

 

この世界はただただ“何か”が現れては消えていく、その繰り返しなんだ。

 

そして“私”だと自覚しているこの“何か”“コレ”がそれをただただ観察しているだけなんだ。

この“私”だと思っているこの“現れ”ができることはただ“観る”ことと“経験する”こと

だけなんだ。

 

 

そんなことがだんだんと腑に落ちる。

 

なんだよ。

それなら早く開き直っちまったほうがいいじゃん。

 

この何かわからない“コレ”からどうせ逃れられないなら

自分の意思ではどうせ逃げられないなら

とっとと開き直ってガンガン観察したほうがいいじゃん。

 

なんだよ。

“コレ”しかねーのかよ。

 

『キラキラしよう!』『自分のやりたいことを見つけよう!』

『自由に生きよう!』『使命を持って生きよう!』

『幸運は引き寄せられる!』『人生が思い通りになる方法』

『邪気を祓うには』『金運アップにはこれ!』

『開運!運気がよくなる法則!』

 

↑こういうタイトルの本。

↑こういうタイトルのブログ。

 

みんな(特に女子)好きですよね~

 

 

 

 

大好き。笑

 

だし、『やってみよー』って思ってやってたりもする。笑

 

 

でも質問。

 

『幸運』って何?

『自由』っていったい?

『開運』って?

 

f:id:yukiukix:20170409134807j:plain

 

誰がかまうもんか!!

 

なんだかこっちのがしっくりきます。

(この本最高です!ラメッシさいこー!)

 

私は“私”が“コントロール”して“選択した”から今の人生がやってきた、と思っていたかったんだ。

“努力は報われる”“努力して成長することが大事”だと、私の“エゴ”はずっと主張していたかったんだ。

 

でも気づき始めてしまった。

 

“気づき”が起こり始めてしまった。

 

この一か月半程の言いようのない苦しみ。

死んでしまいたいと本気で思ってしまうほどの辛さ。

悶え、苦しんだ時間。

 

“エゴ”の崩壊だったんだ。

多分。そう。多分。

 

 

今の私は…

 

やってることは今までと何も変わらない。

 

でも明らかに“何か”が違う。気がする。笑

 

私がやっている『整体』や『リーディング』や『自叙伝を書く』や『ブログで文章を綴る』には何の“使命感”もない。

全くと言っていいほど『伝えたいこと』もない。

 

ただ『綴りたい』が“起こっている”だけだし、『整体をやりたい』が起こっているだけだし、『リーディング』が起こっているだけ。のような気がする。

 

もうコントロール不可能で、選択の自由がないというならとことんこの“現れ”に身を任せるしかない。

 

どんどん開き直ろう!!

 

あっ!こうしたい!と感じたことはどんどんやろう!

やっぱりやりたくない!と感じたらすぐにやめよう!

 

この“現れ”に身を任せてみよう。

 

そんな感じ。

 

よかった。

そんな体験ができてほんとによかった。

f:id:yukiukix:20170409134926j:plain

こんなに素晴らしい“現れ“も見ることができるんだから。

 

 

今の私はこんな感じです。

 

読んでくださってありがとう。

 

こんな私に会ってみたい方がいたら気軽にご連絡くださいね。♡

 

整体やリーディングのご依頼じゃなく、ただ『会ってみたい』っていうご依頼でもいいですからね。

 ↓こちらのHP内の問い合わせフォームからお願いしますね。

 

Center of life | TopPage

 

私はいろんな方の“現れ”が見てみたいです!

 

まとまりのないとりとめのない文章ですいません!!