読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤山家においでよ

藤山家ってこんなとこです。

凹む私 見つめる私 覚悟を決め続ける私

みなさんおはようございます!

 

今日も割と凹み気味なゆっきぃです。

 

最近は連日凹んでます。

 

胸がざわつき、ギュッと締め付けられる感じがする。

不安感や自己否定感がじわじわ湧いてくる。

 

あー居心地が悪い!

逃げたい!

 

でも逃げることも目をそらすこともできないよー!

 

やっぱりじっくり“見る”しかないのです。

 

私の自己否定感、自己評価の低さ、これはただモノじゃないくらい強い。

まだまだ、ある。

 

これが今浮上してきている。

 

辛い。

逃げたい。

早くこの状況が終わってほしい。

 

ごまかすために“何か”行動する?

友達としゃべる?

誰かに弱音を吐く?

誰かに『ゆっきぃはすごいよ!』と言ってもらう?

 

違う。

 

どれもやってもいいけど、何かが違う。

 

それじゃただ繰り返すだけだ。

 

この胸のざわつき。

ギュッと締め付けられるような感覚。

涙が込み上げてくる感じ。

叫びたくなる衝動。

 

逃げずにジッと見る。

 

投げ出さずにガッツリ感じる。

 

自己否定感の根底。

自己評価の低さの大元。

 

何度も何度もチャレンジして、その都度確認してきたはずなのに。

 

まだブレる。

 

まだ見失う。

 

動かずに立ち止まろう。

 

動きたくなる衝動を抑えて立ち止まろう。

 

そしてじっくり“味わおう”。

 

 

『手放しなさい』

 

よく聞く言葉。

 

いくら誰かに『手放しなさい』と言われても

“手を放す”のは自分だ。

 

誰もやってくれない。

誰かにやってもらったってそんなの何の意味もない。

 

自分の感情は自分にしか味わえない。

“手放す”か“手放さないか”を選ぶのは自分だ。

 

私は不要なものは“手放す”を選ぶ。

 

もう私に必要ないものは“手放す”と決める。

 

ずっと握りしめていた掌を開くのはとても勇気がいる。

解放されるときは感情がブレる。

 

ずっと握りしめていたんだから、掌はしびれたり痛かったりするよね。

涙だって出るよ。

 

感情を開放するんだ。

 

声をあげて泣いてもいい。

 

大声で泣けばいい。

 

『もう無理ーーー!!』

って叫んでもいい。

 

逃げずに“見て”“味わう”んだ。

 

私しか感じられない、尊い感情だから。

 

自己否定感も自己評価の低さも

全部私の世界。

 

じっくり“見て”“味わおう”。

 

勇気と覚悟。

 

自分の人生に責任を持つ『勇気』と『覚悟』。

 

目をそらしてもそらしても無くならないからね。

 

そらせばそらす程際立つからね。

 

気付けたことを喜ぼう。

ジッと見つめられる自分を褒めてあげよう。

逃げ出したいと思っている自分も可愛がってあげよう。

 

そんなコトを感じた。

 

文章化すると落ち着くね。

 

ただの独り言に付き合ってくれてありがとう。

 

これを読んでくれた貴方、貴女、に感謝します。

 

あ、私、元気ですからねー

ただ心がざわついてるだけですからねー

 

ありがとう。

 

すぐ自叙伝アップするよー!