読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤山家においでよ

藤山家ってこんなとこです。

地味なことには味がある。

みなさんこんにちわー!

 

アクセス数減ってる…ってちょっと拗ねてみたらぐーんとまたアクセス数増えててありがたい限りです!

いちいち拗ねたり凹んだりしてんなよっ!って話しですよねー(;'∀')

でもそれも楽しかったりするのです。

 

フェイスブックには優しいコメントも頂いたりしてねー(*´з`)

ほんとにありがたい!(フミフミ!ありがとう~(ToT)/~~~)

 

 

さて。

 

昨日とえーと…その何日か前と…(何日前かは忘れた)2日間かけて

せっせとこんなコトをしておりました。↓

f:id:yukiukix:20170305162554j:plain

f:id:yukiukix:20170305162524j:plain

 

今年は少し遅くなってしまいましたが~

 

そうです!!

 

地味~に

『味噌づくり』

をしていたのです~

 

味噌づくりをはじめたのは3年前。

今回でまだたった3回目です。

 

一回目は試しに~と思い、ほんの少量。

仕上がり500グラムのお試しキッドを買い、ほんとにちょびっと仕込みました。

味噌は仕込んで6ヶ月で食べられるんだけど、熟成は長い方が絶対美味い!と思い、

ガマンして1年待ちました。

 

でさ~

 

これがまた大成功でほんとに美味かったんだよねー!

自分で作った味噌でみそ汁を作って飲んだらさー

美味しいし、なんだかやたら嬉しいし、ダンナちゃんも喜ぶしー

ですごくハッピーだったんだ。

 

で、去年はもうちょっと量を増やして4キロ仕込んだんだー。

 

500グラムから一気に4キロに増量!

私ってばチャレンジャー。

 

結果。

 

これまた美味い!!

私天才!

(実際→麹と微生物のお陰で私は一年間何もやっていない。)

 

で、今年。

 

またまた一気に大増量!!

今年は13キロ!!!!

 

これね、結構大変よ。

家にある圧力鍋が小さいもんだから、何度も何度も小分けにして大豆を蒸すわけよ。

蒸しあがったら袋に入れて、粒がなくなるまで潰すのよ。

空き瓶で叩いてね。

そしたら塩切麹とよーく混ぜるんだけどー

 

全部終わるまで何回これ繰り返したかなー…

 

味噌づくりって大変なのねぇ。

 

そりゃちゃんと手作りでやっているお店の味噌は高いはずよね。

 

でもね。

 

こーゆーの、めっちゃ楽しいんだよねー!

なんかわかんないけど嬉しいんだよね。

 

一年後、どんな仕上がりかなー?あ!一年後のこの味噌を開ける時って、

私たちなにやってんだろー?

なんて思ったりして。

 

だってさ、今年の味噌を仕込んだ時は今の状況なんて想像しなかったもん。

 

そしてなにより身体にいい!

 

自分のお家にいる微生物くんたちが味噌を作ってくれるんだから、口に合うに決まってるんだよね。

そして身体にいいに決まってる。

 

今年は梅干しにも挑戦するんだー!

 

そしてこれ。↓

f:id:yukiukix:20170305162608j:plain

f:id:yukiukix:20170305162622j:plain

 

今日はお義母さんとダンナちゃんとそらさんで横浜にある『サカタのタネ』に行ってきたんだー!

 

お義母さんは家庭菜園の野菜もお花もとっても上手に育てる人なんだ。

 

去年あたりから私も土いじりに目覚め、(まだほんのちょっとだけどね)

今年もぼちぼち始めてみましたー!

 

今年はハーブも育てよう!と思い、ハーブの寄せ植え作ってみた。

下はサンチュとスイスチャード。

 

あとはもう少し土ができたらお庭にジャガイモ2種類と

きゅうりとトマト、枝豆、あとはニンジンを植えるつもりです!

植えるんです!育てるんです!

 

 

私の自叙伝を読んでくださってるみなさん。

 

まだ途中ですが…

 

あんな過去がある女がこれですよ。

 

味噌作って~

土いじって~

土鍋で雑穀米炊いて~

圧力鍋で玄米炊いて~

お裁縫して~

身体の調子が悪ければコンニャク湿布して~

ビワの葉っぱで納豆作って~

 

 

……ちょー地味じゃないです?

 

でもさー

これが楽しいんだよねー。

 

この自分の中にある『地味なコトが好き』という事実。

 

ぜんっぜん気付かなかったんです!

ずっと!

ていうか、ぜんっぜん認めようとしなかったんです!

ずっと!

 

『私は華やかよぉ~』『ネオンと酒がないと生きていけないのよぉ~』

 

なんて、思い込もうとしていたんですね。

それのほうがカッコイイと思ってたんですね。笑

うぜー笑

私マジうぜー笑

 

これをきちんと指摘してくれたのはやっぱりこの人でした。

 

仙人ダンナちゃん。

 

『ゆっきぃが華やかだと思ったことは一度もない。』

『割と地味だよね。』

『昭和のにおいがプンプンする』

『おばあちゃんみたいだね』

『お家のこと(家事ね)、すごい好きじゃん』

 

まー

私が卒倒しそうなことをたくさん言ってくれました。

 

その度私はびっくりして、その後大笑い。

 

あははははは!!

ほんとだっ!!!

 

てね。

 

もう大声で

 

『私、地味なコトが好きなのぉ~!!』

 

と言えるようになりました。

 

あー気持ちいい。

 

 

地味なコトには味がある。

味わいがある。

 

地味な食事にも味わいがある。

これを滋味という。

 

玄米も雑穀も全粒粉も高野豆腐も野草も…

 

地味で滋味深い。

 

好きなんだよなぁ…

 

 

あ、もちろん肉も魚もイタリアンもフレンチも寿司もすき焼きも焼肉も…

派手な食事も大好きですよ!

 

派手な、イベント感満載の旅も、飲み会も大好きですよ!

 

でも…

根本に流れる好きは『地味な滋味にあふれるコト』。

 

春はあたたくなってきて嬉しい。

夏は華やかでワクワクする。

秋は少ししっとりして物寂しくて…そこがよい。

冬は寒くて寂しくて、でも空気も日の光も澄んでて綺麗。

切なさがたまらない。

 

こんなコトが感じられるようになったことがほんとに嬉しい。

 

地味。

滋味。

憂い。

 

 

素晴らしい。

 

こんな私のはちゃめちゃな過去。

まだまだ自叙伝も続きます!

 

よかったら読んでくださいね。

 

今日もありがとうございます!