藤山家においでよ

藤山家ってこんなとこです。

私のコト㉓

みなさんおはよーございます!!

今朝の冷水シャワーも大変な騒ぎでした!w

なんで毎日やってるんだろう?と思いながらもやってしまう…

冷水シャワー…

恐ろしい子…(白目)

(↑これ、わかる人にはわかる)

 

昨日もリーディング整体を受けて頂いたお客様と素敵な時間が持てて

ものすごくハッピーなゆっきぃです!

もっとやりたいよーー!

ってコトで、もう間もなく新メニューとお客様の感想をアップしますので

気になっていらっしゃる方、今しばらくお待ちくださいねー

 

さてさて。

続きいきましょー

 

バーのママに辞めるコトをつげ、後味がすこし悪いながらも

ひとつステップが踏めたことに喜ぶ小娘ゆっきぃ。

 

帰り道、コバ君にはどう言おうか、これからの関係性をどうしていくのかに悩み始めました。

 

はぁ…

なんだかコバ君とのこと、めんどくさくなっちゃったなぁ…

そんなコトを思いながら家に帰り着くと、いつもは寝ているコバ君が

起きて待っていました。

 

「ゆきえ~!おっかえりぃ~♪」

私がいつもより早く帰ってきてすごく嬉しそう。

 

コバ君は相変わらず、というか、ずーーっと変わらず私にコトを一番に考えてくれる。

「ゆきえのコトめっちゃ好きやねん!ずーーっと一緒にいような!」

こんなコトをしょっちゅう言ってくれる。

K氏に殺されるかもしれないと本気で思っていた私が

K氏との関わりを絶つことができて、今やっと自分の足で自分の道を見極め、歩もうとしているのを誰よりも理解してくれている。

でも…

「今はゆきえの好きなようにしたらええ。俺はずっとそばにおるで。

でも、いつかゆきえが納得する時がきたら一緒になろな。」

こんなこともしょっちゅう言ってくる。

コバ君は私が納得するときがくると思っている。

そして結婚したいと思っている。

私と結婚できると思っている。

 

こんな私と結婚したいと思っていてくれて、見守ってくれている。

ありがたい…

ありがたいけど…

 

やっぱりめんどくさい。

 

私は男性とお付き合いをするといつもこうだ。

いつのまにかたくさんお世話をしてしまい、いつのまにか疲れてくる。

そしていつのまにか自分のやりたいことや言いたい事をトーンダウンしてしまう。

相手の反応を伺ってこちらの態度や行動を決めてしまう。

自分が勝手にやっていることなのに「相手がいるからこんなことになるんだ!」

と憤り、そして別れることを選択してしまう。

 

今回もそのパターンがやってきている。

きっと私は別れを切り出すんだろう。

 

私が早く帰ってきて大はしゃぎなコバ君を見ながら、

私は「今日は仕事の話をするのはやめよう。」そう決める。

話す時は別れのデートをしてから話そう。

“仕事を変える”ただそれだけのコトなのに、私のなかでは“コバ君との別れ”につながっていったのです。

 

私が別れようと思っていることなんて微塵もしらないコバ君は

私にくっついて離れません。

 

かわいい…

 

子犬のように無邪気に甘えてくるコバ君をみてそう感じるのに。

でもやっぱり別れようと思う私。

 

いつにしようかな…別れのデート…

 

大はしゃぎのコバ君とテレビを一緒に見ながら、私はずっと別れのデートのコトを考えていました。

 

さて!

どんな別れのデートになるのか?

ほんとに別れるのか?!

 

気になる?

 

つーづーくー