読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤山家においでよ

藤山家ってこんなとこです。

私のコト⑯

おはようございます!

昨日は『もう年末っ!やべっ!!』てコトで、

ダンナちゃんと黙々と大掃除をやりました~

私は主にキッチンの整理。

ダンナちゃんは窓ガラスや床やいろいろ。

ダンナちゃん、すんごいやってくれてました。

私も片づけベタにしてはよくやったほうだと思います!!

それにしても…

物がありすぎました…

私ったらため込みすぎてましたよ…

ため込みすぎるのは何ごとも良いコトありませんよ。

ほんと、私ったら何をそんなに所有しようとしていたのか…

もう物は増やさないぞーー

ため込まないんだからっ!

そんなコトを思った大掃除でした。

まだまだやる場所いっぱいあるんだけどね。(;´∀`)

 

さて。

この“いつの間にか自叙伝”。

ほんとは年内には終わらせたいなーなん思っていたのですがね…(;'∀')

こうなったらとことん書いてやるーなんて思い始めてしまってもう16回目。

年明けも続くと思うので、よかったらお付き合いください。

ちゃんと着地点は用意してありますから!

どうして長々と書いているのか理由がありますから!

 

ではまいりましょうー

 

無事にひよっこバーテンダーデビューを果たした小娘ゆっきぃ。

間もなく23歳。

バーテンダースクールも無事に通い終える。

でも毎日お酒の勉強に余念がありません。

知れば知るほど面白い!

この頃は「世界中のお酒を全て飲んでみたい!」と本気で思っていました。

カクテルも作り始めると面白しろくて仕方がない。

「世界中の有名バーテンダーさんの作るカクテル全て飲んでみたい!」

これもかなり本気で切望していました。

 

そしてもう一つ没頭したこと。

 

“素晴らしいバーテンダーとはどのようなバーテンダーか?”

を考えるコト。

私には時間がありません。

25歳までに一生の仕事に巡り合わなければいけないのです。

ここで時間をくってる場合じゃない。

もしかしたらバーテンダーが一生やりたいと思える仕事かもしれないけど

でもちがうかもしれない。

だったら早く成果を出したい。

この場所でバーテンダーとして必要とされなければ

どこに行ってもきっと必要とはされない。

そんなコトを考えながら“素晴らしいバーテンダーとは?”を

いつも考えていました。

 

いろんなバーへ行き、いろんなバーテンダーさんを観察しました。

お話しもたくさん聞かせて頂きました。

 

でも、私が感動するようなバーテンダーさんにはなかなか出会えません。

何かが違う。

なんだろう?

いつもいつも考えてました。

そしてわかったのです。

 

「そーだ!“気配”だ!!」

 

“気配”。

私が出会ってきたバーテンダーさんたちは“気配”を消せてないのです。

そして私は決めました。

 

「忍者のようなバーテンダーさんになる!」

 

気配を消したり表したり自由にできる。

気配は消しているけどちゃんと見てる。

話したいと思っている時には表れて、1人で静かに飲みたいと思った時には

消えている。

お酒が無くなりそうなら現れて、作っている間は嫌味のない存在感で

お酒を作る音を“心地良いBGM”のようにたてる。

 

お酒の知識やカクテルの技術を上げながら、どうやったら自分の“気配”をコントロール

できるのか?どうやったらお客様はもちろん、ママや女の子たちの気配や仕草を読み取って最良の気配りができるのか?仕事中だけでなく、いつもそんなコトを考えてました。

 

私には時間がない。

せっかく命拾いしたのだから早く評価を得て

“生きている価値があるんだよ”と認められたかった。

“私には価値がある”と早く証明したかった。

ここで評価を得られなかったら“私には価値がない”と証明されてしまう。

早く早く。

 

毎日没頭することがあり楽しく感じている反面

どんどん自分を追い込んでしんどくもなっていきました。

 

それだけ仕事に没頭していれば当然ママからの評価は上がります。

お給料は上がり、お客様やスタッフの女の子たちからの信頼も得られました。

でも反対に“食べ吐き”はエスカレートしていったのです。

 

さて。

どんどん自分を追い込むゆっきぃ。

これからどーなる?

 

まだまだ~

つづく~

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

只今セッションメニューと料金を改正中です。

ダンナちゃんと楽しく相談中です!

もうすでにご予約くださってる方は12000円のリーディング整体のままです。

 

いましばらくお待ちください~

 

 

場所:横浜市南区

お問い合せ:メールフォーム